読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

不安を拭い去る方法

f:id:moriblog:20170326015925j:plain

開き直り、自分を信じて行動に移すこと。

 

十分な準備をしたのであれば、あとは自分を信じてあげなさい。

自分を信じて行動するだけで、うまく流れに乗ることができるはずだから。

 

不安は誰にでもある

就職、学校、事業などなど、4月は新しいことが始まる時期でもある。

大人も子供も、新しいことを始める際は緊張することもあるし、不安になることもある。

 

新しい環境に対応するために、新しい人間関係を築くために、準備をして臨む。

そういう人、この時期って特に多いよね。

でも準備万端にしていても、人ってまだ先の未来に不安を抱いてしまうものだと思う。

 

サンドアート関連でいえば、僕もかつてはそうだった。

たとえば人前でパフォーマンスをする場合。

その数が多ければ多いほど、不安ばかりが募っていた。

十分すぎるほど練習を繰り返しているのに、それでも心のなかの不安を拭い去ることはできないことがあった。

 

緊張で指が動かくなくなったらどうしよう。

機材トラブルで公演できなかったどうしよう。

などなど、「どうしよう」のオンパレードだった。

 

でもね、いつも終わってから思うのは「心配損だったな」ということ。

練習もしないで本番に臨めば失敗する確率が高くなるけど、もう十分すぎるほど練習を積み重ねているのであれば、あとは「自分を信じてあること」だけなのだ。

 

不安を拭い去る方法

人ってまだ先の未来を心配して生きている。

そのために何らかの対策を施して本番に臨む。

ただ何度同じことを繰り返しても、すべての不安を拭い去ることはできない。

だからこそ、自分のこれまでを振り返り、自分を信じて「もう大丈夫だ!」と強く思うことにしている。

 

僕の場合、気持ちの変化で絵のタッチが変わってしまうことがある。

緊張して指が震えてしまえばそれこそすべてが台無しになってしまう。

 

本心ではないが、心のどこかで「失敗してもいいんだ」と思うことも大切

「絶対に失敗しないぜ」と意気込んでいるときほど、僕はダメ人。

だから、余計なプレッシャーを心に蓄積しないためにも、心をリラックスさせるためにも、心のどこかで「失敗してもいいんだ」と思うようにしている。

 

それからは失敗をしなくなった。

300人クラスの人を前にパフォーマンスをご披露しても、緊張から絵のタッチが変わることはなくなった。

 

開き直り。

これが大切なんだよね。

開き直れないから、逆に普段の練習の成果を出すことができずに失敗するんだよ。

 

もうあなたは十分に練習を重ね、準備を終えたのだから、あとは自分のやってきたことを信じて、本番に臨みなさい。

 

僕も4月13日に札幌で1時間の単独ステージがあるんだけど、これまでスタッフの方々と温めてきた連携を信じて、本番に臨みます!

 

 

2017年森マサミチへのご依頼先

森マサミチ

2017年、北海道以外でも公演を承ります。

4月札幌、5月室蘭、8月札幌・福岡公演決定。

 

その他、映像制作もお気軽にお問合せください。

moriblo.net

 

▼森マサミチ Facebook ページ

https://www.facebook.com/syuduki.morisita

(基本、友達承認いたします)

 

【4/1室蘭子供サンドアート教室】未来ある子供たちと一緒に楽しむ

f:id:moriblog:20160816214836j:plain

できるかぎり「子供たち」にサンドアートを教えていきたいと僕は考えていて、その先駆けとなったのが、去年8月に開催した「室蘭子供サンドアート教室」だった。

 

小学生6人に集まってもらい、自分たちの好きな絵を描いてもらい、夏休みの自由研究としてクラスのみんなに自慢しちゃうぞ的な勢いでチャレンジしていただきました。

 

元気いっぱいな子供たちを相手にカラーサンドアートを教えていくなかで、僕自身も子供たちとの交流を通じて学ぶことがたくさんあった。

 

4/1室蘭子供サンドアート塾 

f:id:moriblog:20160703210326j:plain

明日4/1(土)は、僕が普段から行っているサンドアート&カラーサンドアートの教室を開催する。

生まれて初めて砂を使って絵を描いていくわけだから、当然戸惑うこともある。

たとえば他のみんなは作業をはじめたけど、一人だけ作業をすすめられない子もいる。

だけど僕は「早くしなさい。じゃないとみんなに置いていかれるよ」とは絶対に言わない。

その代わりに「服なんて汚してもいいんだ。上手い下手なんて気にしないこと。好きなように描きなさい」

そう言ってあげると、心のロックが外れたのか、手をスイスイ動かしはじめた。

 

できない子がいると、一番年上の子が「ここは難しいから僕も手伝うね」と言って、一緒に作業をしてくれる。わからないことはバンバン訊いてくる。

 

子供たちと一緒に一つのことを進めていくと、いろんな発見があるんだ。

それは巡り巡って自分の成長へと繋がっていく。

 

僕は教える立場だけど、それを強調したくはない。

もちろん言うことはちゃんと言うけど、あとは目線を下げて一緒に楽しめたらいいなと考えている。

 

明日4/1(土)は今年初めての室蘭子供サンドアート教室。

次は8月になると思うけど、親子でも楽しめるサンドアート教室を室蘭と札幌で開催する予定です。

 

 

2017年森マサミチへのご依頼先

森マサミチ

2017年、北海道以外でも公演を承ります。

4月札幌、5月室蘭、8月札幌・福岡公演決定。

 

その他、映像制作もお気軽にお問合せください。

moriblo.net

 

▼森マサミチ Facebook ページ

https://www.facebook.com/syuduki.morisita

(基本、友達承認いたします)

 

SAND ANIMATION " Confession of love " By Masamichi Mori

Title : Confession of love(愛の告白)

Sand Animation : Masamichi Mori (森 マサミチ)

Music : 甘茶の音楽工房さん

CG : Free Footage Free Stock Footage

SAND ANIMATION " Confession of love "

サンドアニメーション

サンドアートとCGを融合させた作品がまた一つ完成。

テーマは「愛の告白」です。

 

サンドアニメーション

お仕事以外では、最近このタイプの映像ばかりを制作してます。

最初は遊びで制作していたのですが、思いのほか反応が良いのでびっくり。

試験期間を終え、そろそろお仕事としてもこちらのCG背景に使ったサンドアート映像を制作していこうかな。

 

 

2017年森マサミチへのご依頼先

森マサミチ

2017年、北海道以外でも公演を承ります。

4月札幌、5月室蘭、8月札幌・福岡公演決定。

 

その他、映像制作もお気軽にお問合せください。

moriblo.net

何か一つ仕事を失うと、また一つ別の仕事が入ってくる

f:id:moriblog:20170324135751j:plain

お仕事のお問い合わせをいただいているなか、お話を進めていく過程でこちらと先方の条件が合わない場合、結果「今回のお話は白紙で」ということがある。

 

だけど不思議なことで、「一つのお仕事を失うと、自然とまた別なお仕事が入ってくる」ことが多い。

別に僕は精神世界のお話をしているわけじゃなくて、サンドアートのお仕事を始めてからはそういったことがずっと続いている。

 

ほんと不思議。

ほんとたまたまが1年以上も続いているのかもしれない。

だけど、こちらから特別な営業しているわけではなく、向こうから「どうですか?」とお仕事のお問い合わせをいただけるのは、とてもありがたいこと。

 

捨てる神があれば、拾ってくれる神もいる。

条件が合わない、安くて嫌な仕事を無理して引き受けるくらいなら、スパッと切ってしまったほうがストレスなく仕事ができるし、その空いた場所には何らかの新しい出会いが入ってくる。

 

何か一つ仕事を失うと、また一つ別の仕事が入ってくる

7月にとあるイベントの出演依頼があったんだけど、先方との条件が合わず「今回は白紙にしましょう」ということで話が終わった。

だけど昨日地元で新たな出会いがあり、先方が僕のことを知ってくれていたことから話に花が咲き、サンドアートマガジンを手渡し、「あー!森さんこんなことも出来るのですね!」とさらに話が盛り上がり、結果偶然にも空いていたスケジュールがどうやら埋まりつつある。

まさにこれが、捨てる神あれば拾う神あり、です。

 

仕事を引き受ける、受けないの基準

楽しく仕事ができるか、できないか、で決めることが多い。

 

現実味がないと言われようが構わないけど、どうせ仕事をするのなら、自分の仕事に誇りを持ち、真剣に、楽しく進めていきたい。

だから金銭面や内容も含め「これは合わないな」と感じたお仕事は引き受けないことにしている。

 

お仕事をいただけるのはとてもありがたい。

事実、現在僕が引き受けているすべてのクライアント様からのお仕事は、「お客様は神様」の言葉がそのまま当てはまる方々。

しかし仕事にしていると「お客様すべてが神様ではない」ことも事実だというのが否が応でも気づかされる。

 

たとえば最初から予算を言ってこない、低予算なうえに不利な条件、横柄な態度、こちらにすべてお任せすると言って放り投げておいて、打開策を提示するわけでもないのに文句ばかり言う奴などなど、挙げればキリがないけど、やり取りをするなかでこちらが指摘し、問題の改善がみられない場合、交渉途中でもこちらから辞退を申し出たことが過去に何度かある。

 

心の負担はやがて身体への負担に繋がっていく。

僕はアーティストと名乗っているが、ただの人間。

自分の気持ちに無理をさせることは、結果、心と身体の崩壊に繋がっていく。

 

僕は自分が気乗りしないステージに立ちたいとは思わない。

気乗りしない映像制作の仕事をやろうとは思わない。

たとえば公演がしたかったら、小規模でもいいから自分で企画して自分がやりたいこと、観客にも楽しんでもらえるステージを自分で作るほうが百倍楽しいと考える側の人間で、そのほうが最高のサンドアートを披露することができると感じている。

 

 嫌な条件を突きつけられてまで、その仕事を引き受ける必要などない。

 嫌な仕事などさっさとケリをつけて、新たな道へ進むほうが楽しい。

 

仕事は我慢するものだと思っていた。

嫌なものでも我慢をして引き受けるものだと思っていた。

だけどそんなことをいしていたら、こちらが潰されてしまう。

自分の身は自分で守らないと。

 

サラリーマンでも似たようなことが言える。

嫌な事、改善することがあれば相手が社長であれ上司であれガンガン進言すべき。

終身雇用が崩壊し社内でのパワハラモラハラで次々と働く人たちが苦しむ中、環境を改善する必要があるのなら、きちんと声を上げるべき。

 

会社はあなたを守ってはくれない。

クライアントはあなたを守ってはくれない。

 

無理な仕事にブレーキをかけることができるのは自分だけ。

自分を守ることができるのは自分だけ。

フリーでもサラリーマンでも、自分の身を守ることができるのは自分だけなのだ。

 

無理だと感じたら、さっさと見切りをつけよう。

一つ何かを失えば、必ずまた別の何かと出会うことができる。

そのほうが人生楽しく生きていけるはずだから。

 

サンドアート作品集30選

これまで描いてきたなかで、特に好きなサンドアートを30選してみました。

日々、画力も進歩しているので、きっと次のサンドアート作品集30選を選ぶとしたら、現在の絵を良しと評価しなくなるんだろうなー(笑)

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

 

サンドアート

  

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

サンドアート

 

 

2017年森マサミチへのご依頼先

2017年、北海道以外でも公演を承ります。

4月札幌、5月室蘭、8月札幌・福岡公演決定。

 

その他、映像制作もお気軽にお問合せください。

moriblo.net

 

 

 

個性あふれるサンドアート

f:id:moriblog:20170323150735j:plain

 

ご自身のブログで日々描いたサンドアートを掲載しているNさん。

最初の頃と比べても本当にお上手になられている。

 

僕は絵の描き方と表現方法しか教えることはできない。

そのから先、画力を上げること、イメージを膨らませる作業は本人の努力次第になる。

 

僕がNさんに伝えているのは「時間があれば、砂に触れてほしい」ということ。

このことは同じ生徒さんのMさんにも伝えている。

 

でもね、やるも、やらないも、生徒さんたちの自由。

教える側の僕が強要するものではない。

 

だけど二人の生徒さんは日々仕事などで忙しいにも関わらず、コツコツと練習を重ね腕を上げている。

 

やった、やらなかったの見極めは、描いた絵をみたらすぐにわかる。

今回のNさんのサンドアートを見ていただけたらわかると思うけど、「かなり集中して描いたな」と。

 

5月9日から室蘭で開催する「森マサミチ・サンドアート写真展」にNさん、Mさんも作品を展示する。

 

お二人には個別で描く「テーマ」と、参考とする「絵」のお写真を渡している。

 

多くの人が足を運んでくれることが予想されるこの写真展。

生徒さんにとっては、一番最初となる写真展。

 

後々、この写真展に参加したことが必ず活かされる日が来るから、お二人にはこれまで学んだことをすべて出し切って、作品を描き終えてほしいな。

 

ずっと描いていくとね、途中で大きな壁にぶつかるときもあるんですよ。

僕なんかもそう。

「本当にこの絵で良いのだろうか?」

そう思うこと、頻繁にある。

 

でも続けることで、新しい喜びを見出すきっかけになるかもしれない。

新たな出会いがあるかもしれない。

 

サンドアートと出会ったことで、この先の人生、もっと楽しいものになることを願いながら、僕は今日も砂で絵を描きます。

 

▼ 愛弟子・Nさんのブログ

SWEET & SWEETS|Cinderella Story | シンデレラストーリー

 

 

moriblo.net

 

子供向けサンドアニメーション「ウサギとカメ2017」が完成しました!

 

サンドアートで童話を表現してみたい。

そう思って福岡のナレーター、山下貴生氏と2015年12月に制作したのが「うさぎとかめ」でした。

あれから約1年以上が経過した2017年3月23日、生まれ変わったのがこちらの「ウサギとカメ2017」です。

 

どのあたりが変わっているかというと、今回のは「サンドアート+デジタル映像」がミックスされていること。

*詳しくは実際の映像をご確認ください。

f:id:moriblog:20170323144323p:plain

 

物語の世界をグーンと広くするために、「サンドアート+デジタル映像」の手法を取り入れてます。

 

 優しい音楽、優しい声、優しい砂の動き

f:id:moriblog:20161222132446j:plain

▲ 山下氏

また前回同様、ナレーションは山下貴生氏。

素材音源は甘茶の音楽工房さんからお借りしております。

原案&サンドアニメーション&ライターがわたくし森でございます。

 

今回の「ウサギとカメ2017」ですが、ご覧のとおり子供向けです(童話なので当たり前ですが)優しい音楽、優しい声、優しい砂の動き、で子供たちを優しく包んであげることができたらいいなという目的で制作しました。

 

今後も山下氏と一緒に子供向けのコンテンツを制作していきますので、第2弾もお楽しみに!

 

moriblo.net

札幌サンドアート教室4回目。生徒さんがさらに進化した件

f:id:moriblog:20170319215746j:plain

3/19(日)は札幌サンドアート教室4回目でした。

2名の方が第1期生としてスタートした札幌サンドアート教室も残すところあと2回です。

 

1/31(火)から北海道で初となるサンドアート教室ですが、Nさん、Mさん、お二人の上達ぶりに僕も本気で驚いてます。

 

というのも、今日まで進めていた課題2(人物画と動物)のパフォーマンスの流れを、最後まできちんとできるようになったのです。

 

f:id:moriblog:20170319221351j:plain

最初は絵も描けなかったのに、サンドアートなど初体験だったのに、プロが実際のステージで行うサンドアート・パフォーマンスを、ゆっくり、ゆっくり、ですが、できるようになったこと、僕は本気で嬉しかった。

 

僕はやり方を教えることはできるけど、そこから先のこと、画力やスピードを上げていくことは、お二人の努力次第でどこまでの伸ばすことが可能です。

 

進化していくことは、素晴らしいことです。

継続は力なり、です。

 

残り2回の教室では、室蘭展示会の作品制作に入ります。

 

 

複数お問い合わせもいただいておりますが、第2期札幌サンドアート教室の実施日は僕のスケジュールの都合をみながらの開催となりますことをご了承くださいませ。

 

 

2017年森マサミチへのご依頼先

2017年、北海道以外でも公演を承ります。

4月札幌、5月室蘭、8月札幌・福岡公演決定。

 

その他、映像制作もお気軽にお問合せください。

moriblo.net

サンドアニメーション 「桜舞う」

 

去年の夏あたりからずっと実現させたかったのが、「映像と生のサンドパフォーマンス」を融合させた表現方法。

 

そもそもなぜこれを始めたかというと、以前、ロシアのサンドアーティストの映像を観たことがきっかけで、「自分でもやってみたーい!」となり、実現させるためにはどうしたらいいのかな?と試行錯誤を重ねた結果、このように実現させることができた。

 

やり方がわからないのなら、誰も教えてくれる人がいないのなら、とりあえずは自分でいろいろ試してみる。その結果、手探りの状態からここまで表現できるようになった。

 

映像と生のサンドパフォーマンスを融合させた表現方法を実現させる際、それなりの費用もかかったけど、新しい表現方法が増えたことにより、創作意欲がどんどん溢れてくる。

 

f:id:moriblog:20170317142356p:plain

ブライダルに、公演用に、用途はいろいろある。

とにかく今は試験的にいろいろ試してみて、一番良い方法で表現する。

 

表現する者として、新たな武器をまた一つ手にいれました!

 

f:id:moriblog:20170317142505p:plain

 

 動画素材元 : Free Footage Free Stock Footage

2017年森マサミチへのご依頼先

2017年、北海道以外でも公演を承ります。

4月札幌、5月室蘭、8月札幌・福岡公演決定。

 

その他、映像制作もお気軽にお問合せください。

moriblo.net

 

 

サンドアートマガジン300冊増刷!

f:id:moriblog:20170314142637p:plain

サンドアートマガジンとは、去年の活動記録とサンドアートについて紹介している、サンドアーティスト・森マサミチの小冊子。

 

行く先々で「サンドアートマガジンください!」と言われることが多くなり、なかに掲載しているサンドアートを見たい方が多いようです。

 

このサンドアートマガジンがあれば僕のことがある程度わかるというすぐれもので、名刺+このサンドアートマガジンをお会いした方には必ず渡すようにしてます。

 

デザインも僕自身でつくり、印刷のみラクスルにお願いしてます。

ラクスルは値段も安く問題ない仕上がりなのでとても助かってます。

 

で、増刷と言っても今年1月に100冊頼んで周りに配布していたサンドアートマガジンの在庫が残り30冊を切ったので、今後各方面に配布することもあり追加で300冊を増刷したのね。

 

たかが300冊。

されど300冊。

 

それだけいろんな方に配布した結果であり、今後も会う方にはお渡してしていきます。

 

2017年森マサミチへのご依頼先

2017年、北海道以外でも公演を承ります。

4月札幌、5月室蘭、8月札幌・福岡公演決定。

 

その他、映像制作もお気軽にお問合せください。

moriblo.net