サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

サンドアート福岡。7月と8月は博多でパフォーマンスだぞ!

撮影 : Ryo Satoh 7月中旬、8月上旬はサンドアートのお仕事で福岡へ行きます(7月名古屋にも行きます)。 7月福岡は3日間の滞在ですが、8月は約1週間の滞在になります。 しかも!8月はとてもお会いしたかったFB友達と、初めてお会いできるのでワクワク! ん…

【飛鳥Ⅱサンドアート公演】素晴らしい写真家のお二人に撮影していただきました!

▲ 撮影 : Yoshie Kobayashi 先日の飛鳥Ⅱサンドアート公演のお話。 地元でイベントを行う際、これまでは妻や友人に写真撮影を頼んでいたのですが、今回はステージの構造上、あまりチョロチョロさせることができないため、「さてどうしようかなー」と考えてい…

飛鳥Ⅱの船上ステージでサンドアートパフォーマンス

室蘭市と地元企業様のご協力のもと、先日6月11日(日)に、室蘭港に寄港した豪華客船・飛鳥Ⅱの船上ステージにて、サンドアート単独公演をさせていただきました。 はじめての船上公演。 しかも郵船クルーズ様の飛鳥Ⅱでのステージ。 ずっと夢見ていたステージ…

人に恵まれることで「生きる力」を受け取っている

人との出会い。 特に「この人素晴らしいな!」と感じる人との出会いは、自分の人生をも豊かにしてくれる。 昨日とある方とお話をさせていただいた。 志も持ち、自分の理念を信じ、行動し、結果を出し、本当に好きなことをしている彼女の眼はとても希望に満ち…

人生一度きりなんだから、好きなことやっちゃいなよ!

いつどこで何があるのかなんて、誰も予想することはできない。 「自分だけは大丈夫だ」と考えたいけど、災害やテロや紛争がいつどこで発生するかなんて誰も予想はできない。帰り道に事故にあうかもしれない。 だからこそ、自分の人生を楽しく後悔しないよう…

本番に備えて稽古

6月11日(日)にとても大きなステージがあるので、それに向けて朝夜と稽古を続けています。 僕の場合、本番で本領発揮するために毎日の稽古は欠かせません。 朝夜合計5時間、本番の演目に合わせて何度も何度も同じ動作を繰り返します。 ストイックだと言われ…

妊活中・妊娠中のママへ送る応援ソング!サンドアートと映像制作を担当しました

株式会社アドプールド様が企画した、妊活中・妊娠中のママへ送る応援ソング。 その企画のサンドアート&映像制作を担当しました。 今回は沖縄のミュージシャン/バンド「The Urge(ジ・アージ)」さんの音源をプロデューサーの方からいただき、曲を聴いたあと…

サンドアートマガジン、広島でも配布中です

去年の活動を大まかに集約して紹介している小冊子、サンドアートマガジン。 活動報告のほか、自分の理念や制作料金なども記載してある、所謂「自己紹介しちゃってる本」です。 北海道では頻繁に手渡しでお渡ししたり、室蘭活センさんに置いていただいたりと…

室蘭サンドアート写真展終了

室蘭市で開催しました、室蘭サンドアート写真展が無事終了しました。 期間中は多くの方にご来館いただき、また体験教室では参加者のみなさまと楽しいお時間をすごすことができました。 こうして撤収作業が終わってしまうと、寂しい気持ちになりますね。 次は…

サンドアートテーブルは宣伝用としてご利用ください(笑)

▲ 写真はFB友達からお借りしたものです 室蘭市民活動センター様のご協力により開催しております、室蘭サンドアート写真展。 その会場に設置しているサンドアートテーブルですが、日々いろんな方がいらっしゃりメッセージを残してくれています(笑) 上のお写真…

過度な期待から生まれる不幸

他人に過度な期待などしない。 その理由は、 他人に甘えてばかりになってしまうから。 叶わなかった場合、つい叶わなかった原因を相手のせいにしてしまうから。 他人に期待をする。 僕も他人に期待をすることがある。 ただ行き過ぎた期待を寄せてしまうと、…

【体験型教室】サンドアートを通じて人と人との絆を深め、笑顔になれる毎日を

▲ 参加者様のサンドアート サンドアートを通じて人と人との絆を深め、笑顔になれる毎日を。 僕はこの理念のもと、今日まで活動を続けてきました。 それは今後も変わることはないでしょう。 「とても楽しかった!」 「癒された!」 「もっと砂に触っていたい…

残り2名!室蘭サンドアート体験教室

5月9日(火)からスタートした、室蘭サンドアート写真展。 昨日からスタートして2日目ですが、体験教室のお席が残り2席となりました。 ありがたやー、ありがたやー。 室蘭市民活動センターさんの展示コーナーに、追加でサンドアートテーブルを置いたのが大…

たった一人でも喜んでくれたのなら、それは大成功なんだよ

思っていたほど人が集まらなかった。 みんなの反応が芳しくなかった。 展示会を開催したり教室を開講している人であれば一度は経験していることだと思う。 失敗だ。 もうやりたくねー! 人ってさ、失敗していないことでも失敗だと一度でも認識をしてしまうと…

【室蘭活セン】サンドアート写真展を開催!2017年5月9日から

北海道在住のサンドアーティスト、森マサミチがこれまで描いてきた作品のなかから、厳選した30点の写真を室蘭市民活動センター(活セン)1階ロビーにて展示します。 今回の展示では第1期札幌サンドアート教室卒業生の作品も展示します。 また、活セン内のス…

サンドアート披露宴用ムービー

新しくサンドアート披露宴用のサンプルムービーを制作してみました。 サンドアートに興味があり自分でパフォーマンスしてみたい方が、お時間の都合で出来なくなり、その代りに2人の思い出をサンドアートムービーとしてゲストのみなさまにご披露したい。感謝…

PTA主催の行事イベント出張可能です!親子でサンドアートを楽しもう!

サンドアート北海道では、PTA主催の行事イベントへの出張も可能です。 北海道内はもちろんのこと、道外でも公演実績のあるサンドアーティスト・森マサミチが、自前のサンドアートテーブルを持参し、お父さんお母さん、子供たちにサンドアートパフォーマンス…

他力を借りる勇気

基本、一人作業が多いのですが、一人ではできないことは他人の力を借りて完成させる。 たとえば動画にナレーションを入れてもらう場合、このブログでもおなじみの山下氏に声を入れていただくことが多い。 fudoki.wp-x.jp 彼の声を一度は聴いたことがある人は…

チャンスの女神の前髪は短いから、しっかりと掴むべし!

37歳からサンドアートをはじめてから、僕の人生はガラリと変わった。 2016年1月から本格的に外での仕事をはじめ、映像制作、それまで旅行でしか行ったことのない福岡でサンドアートのお仕事、札幌でのサンドアート教室やイベント出演など、とにかくがむしゃ…

夢を叶えるのに過去や年齢なんて関係ないんだ。僕がサンドアートを通じて伝えたいメッセージ

夢を叶えるのに過去や年齢なんて関係ないんだ。 もう3年前から言ってることなんだけど、僕がサンドアートを通じて伝えたいメッセージは、これなんです。 子供や施設でサンドアート活動を行ってきた経験から、僕を動かす理念とするもの。 子供や社会的に弱い…

空き教室、廃校施設を使って子供たちとサンドアートを楽しむ

調べてみると、北海道って全国と比較しても廃校発生数が断トツでトップ。 http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/01/12/1286098_1_1.pdf 僕の街でも昔通っていた小学校が他の地域の小学校と統合されたり、別…

サンドアート - サンドアートパフォーマンス 森マサミチ Official Websiteが完成

サンドアーティストとして活動する僕の公式ホームページをもう一つ、立ち上げました。 sandartist-mori.com 現在公式ホームページで使っているドメイン(http://moriblo.net/ )をそのまま流用しても良かったのですが、別にもう一つ制作し、こちらもコツコツ育…

ブライダル事業者の方必見!結婚式のプランにサンドアートを組み込みませんか?

ブライダル事業を展開されている企業様に、ぜひ読んでいただきたい内容です。 去年だけでも52組のブライダル用サンドアート映像を制作し、披露宴の余興や二次会、企業様の懇親会や各種イベントなどでパフォーマンスを行ってきた実績を持つ、北海道のサンドア…

【札幌教室最終回】北海道で新たな仲間・サンドアーティストが誕生しました!

全6回の札幌サンドアート教室が終わりました。 期間にして約3ヶ月間、大雪が降った日も風が強かった日も札幌琴似まで通い、サンドアートの技術を学びました。 新田千明さん。 間所智子さん。 この2人はプロとして活動する森マサミチが認めた、北海道で誕生し…

サンドアートの力。1時間の単独公演で感じたこと

昨日は医療法人共栄会札幌トロイカ病院にて、1時間の単独公演。 約150席がすべて満席となる状況のなか、サンドアートパフォーマンス2作品+患者様6名と合同で1作品を制作するという、面白い試みをさせていただきました。 ▼ 患者様6名と制作したサンドアート …

何かを広めたければ本音をブログに書いてリアルで行動するしかない

何か伝えたいことや広めたいことがあるのなら、ブログに書いてリアルでも行動していくのが一番だと思う。 もちろんSNSを使って広めることも忘れていけない。 ただSNSは自分の伝えたいことを広める武器になるが、そのときに相手がタイムランを確認できなけれ…

1週間後の単独ステージに向けて調整中

去年の秋からスタッフの皆さまと調整してきた札幌のステージが1週間後に迫っている。 人前でパフォーマンスをすることに慣れてはいても、常に一定の緊張感を持って臨むことが多い。だけど今回はワクワクしている気持ちのほうが勝っている。 それはなぜかと言…

日進月歩。札幌サンドアート教室第5回目終了!

4/2(日)は札幌サンドアート教室でした。 今回は室蘭展示会に向けての作品制作。 Nさん、Mさん、ともに僕がお渡しした絵を何度も練習。 最初はおぼつかない手つきで描き始めていましたが、細かい箇所の描き方を教えていくうちに、スラスラと描けるようにな…

春休み!親子で楽しむサンドアート&カラーサンドアート教室

4/1(土)は地元室蘭で「春休み!親子で楽しむサンドアート&カラーサンドアート教室」でした。 去年の8月はカラーサンドアートのみでしたが、今回の企画は今年の1月から友人と一緒に考えていたもので、僕が普段から活動しているサンドアートも一緒に体験し…

不安を拭い去る方法

開き直り、自分を信じて行動に移すこと。 十分な準備をしたのであれば、あとは自分を信じてあげなさい。 自分を信じて行動するだけで、うまく流れに乗ることができるはずだから。 不安は誰にでもある 就職、学校、事業などなど、4月は新しいことが始まる時期…

【4/1室蘭子供サンドアート教室】未来ある子供たちと一緒に楽しむ

できるかぎり「子供たち」にサンドアートを教えていきたいと僕は考えていて、その先駆けとなったのが、去年8月に開催した「室蘭子供サンドアート教室」だった。 小学生6人に集まってもらい、自分たちの好きな絵を描いてもらい、夏休みの自由研究としてクラス…

SAND ANIMATION " Confession of love " By Masamichi Mori

Title : Confession of love(愛の告白) Sand Animation : Masamichi Mori (森 マサミチ) Music : 甘茶の音楽工房さん CG : Free Footage Free Stock Footage SAND ANIMATION " Confession of love " サンドアートとCGを融合させた作品がまた一つ完成。 …

何か一つ仕事を失うと、また一つ別の仕事が入ってくる

お仕事のお問い合わせをいただいているなか、お話を進めていく過程でこちらと先方の条件が合わない場合、結果「今回のお話は白紙で」ということがある。 だけど不思議なことで、「一つのお仕事を失うと、自然とまた別なお仕事が入ってくる」ことが多い。 別…

サンドアート作品集30選

これまで描いてきたなかで、特に好きなサンドアートを30選してみました。 日々、画力も進歩しているので、きっと次のサンドアート作品集30選を選ぶとしたら、現在の絵を良しと評価しなくなるんだろうなー(笑) 2017年森マサミチへのご依頼先 2017年、北海道以…

個性あふれるサンドアート

ご自身のブログで日々描いたサンドアートを掲載しているNさん。 最初の頃と比べても本当にお上手になられている。 僕は絵の描き方と表現方法しか教えることはできない。 そのから先、画力を上げること、イメージを膨らませる作業は本人の努力次第になる。 …

子供向けサンドアニメーション「ウサギとカメ2017」が完成しました!

サンドアートで童話を表現してみたい。 そう思って福岡のナレーター、山下貴生氏と2015年12月に制作したのが「うさぎとかめ」でした。 あれから約1年以上が経過した2017年3月23日、生まれ変わったのがこちらの「ウサギとカメ2017」です。 どのあたりが変わっ…

札幌サンドアート教室4回目。生徒さんがさらに進化した件

3/19(日)は札幌サンドアート教室4回目でした。 2名の方が第1期生としてスタートした札幌サンドアート教室も残すところあと2回です。 1/31(火)から北海道で初となるサンドアート教室ですが、Nさん、Mさん、お二人の上達ぶりに僕も本気で驚いてます。 とい…

サンドアニメーション 「桜舞う」

去年の夏あたりからずっと実現させたかったのが、「映像と生のサンドパフォーマンス」を融合させた表現方法。 そもそもなぜこれを始めたかというと、以前、ロシアのサンドアーティストの映像を観たことがきっかけで、「自分でもやってみたーい!」となり、実…

サンドアートマガジン300冊増刷!

サンドアートマガジンとは、去年の活動記録とサンドアートについて紹介している、サンドアーティスト・森マサミチの小冊子。 行く先々で「サンドアートマガジンください!」と言われることが多くなり、なかに掲載しているサンドアートを見たい方が多いようで…

「お客さんは神様」の意味をはき違えている人

「お金を払っているからオレは偉いんだ!何を言っても良いのだ!」みたいな人っているよね。 だけどお金を払っているのだから、相手に対して何を言っても良いというわけではない。威圧、恫喝、そんなのはもってのほかだ。 で、僕がなぜこんな話をしているか…

残業代が稼げなくなる前にやるべきことは、たった一つ。

本業以外の、もう一つの本業(仕事)を持つこと。 ブログでも、ライターでも、アートでも、音楽でもいい。 現在本業として働いている仕事のほかに、自分のできることや好きなこと、得意なことを仕事にする「2枚目の名刺」を持つことをオススメする。 残業代…

好きなことやり、好きな人たちと楽しい時間をすごす。

僕の親友で福岡在住のナレーター、山下さんとふたたびコラボです。 今度のタイトルは「うさぎとかめ2017」。 童話「うさぎとかめ」をモチーフにした、編集ナシのサンドアートパフォーマンス&サンドアートピクチャーという技術を駆使した映像作品です。 まだ…

FMびゅー「子育て応援番組ラジこらん」のゲスト収録

ご縁があり、まちを「おと」で伝える西いぶり地域のコミュニティ放送局「FMびゅー」の子育て応援番組、「ラジこらん」の収録に参加させていただきました。 FMびゅー|まちを「おと」で伝える西いぶりエリアの放送局 ラジこらん ラジオ収録なんて生まれては…

自分のことを褒められるより100倍嬉しいこと

▲ 札幌サンドアート教室3回目のようす 「生徒さんたちのサンドアート、とてもお上手ですね」 仕事の打ち合わせ先などで最近よく言われることがあります。 サンドアートという、北海道ではまだまだ未体験でそれほどメジャーではないアートを僕は札幌と室蘭で…

後悔したくない。そう思ったからサンドアートを始めたんだよね

何が起こるかなんて誰も予測などできない。 いつ災害が起きるかもわからない、いつ事故に合うかもわからない、いつ病気になるかもわからない。 だからこそ、生きているうちに自分のやりたいこと、好きなことをやっておかなきゃと思い、僕は23年前に砂の映像…

ナレーションと音楽と踊りとサンドアートの共演

僕が今とても「やりたい!」と熱望しているのが、ナレーション(朗読)と音楽と踊りとサンドアートの共演。 どれもバラバラに披露するのではなく、4つのアートが重なり合い、一緒のステージの上で演じることにより、お客様を楽しませるもの。 どうにか10年以…

「ありがとう」の一言が何よりも嬉しい

サンドアートの映像制作を手掛けるようになってから、何が一番嬉しいことかといえば、「ありがとう」と言ってもらえることだと思う。 たしかに制作した対価としてお金を頂いてはいるけれど、その後で「森さんにお願いすることができてよかった」とか、「出会…

【札幌サンドアート教室】着実に腕を上げている彼女たちの成長が嬉しいんです

一歩ずつ、彼女たちの腕が上がっているのがわかる。 というのも、生徒さんのブログを拝見したりメールなどで画像を送っていただいたりと、生徒さんとやり取りをしながら進歩状況を確認しているからなんです。 そこで「ここはこうしたほうがいいですよ」とか…

サンドアートだからできること

現在お引き受けしている仕事の合間を縫いながら、僕自身のサンドアート・パフォーマンスの制作も進めています。 テーマが「シンデレラ」なので、ストーリーに合った絵コンテをつくり、実際に砂で下絵を描き、展開を加えていく作業の繰り返し。 全部で展開が7…

札幌サンドアート教室。第1期生の作品を室蘭で展示します!

▲第1期生 N さんの作品 SWEET & SWEETS|Cinderella Story | シンデレラストーリー 前回の記事でも書いていますが、5/9(火)~5/20(土)まで、室蘭市民活動センターさんの展示コーナーで「森マサミチ・サンドアート写真展」が開催されます。 その際、札幌…