サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

カラーサンドアートで地元室蘭市のキャラを描く。情報発信元はブログが一番。

個展の絡みもあり、最近は地元のものに焦点を当てた作品を多く描いていて、なかでもカラーサンド(色砂)を使った絵をよく描いています。

 

このブログでもこれまでいくつかの作品を掲載しましたが、最新のカラーサンドアート作品はこちらです。

 

カラーサンドアートで地元室蘭市のキャラを描く

f:id:moriblog:20160229094759j:plain

 

 ▲ カラーサンドで描いたくじらん

 

こちらは室蘭市のキャラクター「くじらん」。

くじらんについては、市のホームページから引用させていただきます。

 

f:id:moriblog:20160229095920g:plain

 室蘭市マスコット「くじらん」は、平成3年3月に市民公募によりデザインを決定したキャラクターです。市民に親しまれるキャラクターとして、様々な場所で使われております。

 

コンサドーレ札幌の試合が行われたりする影響か、昔からサッカーが盛んな街でもあり、また近海でくじらウォッチングができることから、このようなくじらとサッカーボールを合わせたマスコットキャラが出来上がったと推測されます。

 

で、実物はこちらになります。

f:id:moriblog:20160229100251j:plain

 

足が生えているのは気にしないでほしいのですが、ゆるきゃらグランプリにも出場している、室蘭市民として愛着のあるキャラなのです。

 

額に入れてみるとさらにいい感じに! 

f:id:moriblog:20160229094758j:plain

この作品も個展用なので、会場で展示されます。

アップにしてみると、砂の粒を目にすることができます。

▼ アップ画像

f:id:moriblog:20160229094757j:plain

カラーサンドを使うと表現の幅が広がります。

表現の幅が広がれば、自分が伝えたいことをより多くの人に伝え、理解してもらえるようになる。

 

正直、砂絵なんてものは手がかかるし、時間もかかる。

だけど手間をかけたぶん、出来上がった作品をみた人が「これすごくいいね!」って声を上げてくれるから、やりがいがある。

 

芸術の世界なんてものは自己満足でしょ?

そういわれたことがあるけれど、たとえそうだとしても、自分の作品をみた人が「いいね!」っていってくれたり、「何か」を感じてくれたら僕も相手も温かい気持ちになれて、最後は「幸せ」になれる気がする。

 

情報発信元はブログが一番

僕はツイッターフェイスブックも両方使っているけど、拡散させるならこういったSNSは必要不可欠。

だけど、いつでもどこでも何度でも自分の伝えたいことを知ってもらうには、ブログが一番だと僕は思っている。

 

いくら素晴らしい作品を作ってもその存在を知る人がいなければ、悲しいと僕は思う。

だから情報の発信元であるブログを書いて、SNSで届ける。

 

僕の作品が素晴らしいかどうかは人の判断だけど、世の中にはとても素晴らしい作品を作り出している人がいっぱいいます。

 

作家も、絵描きも、すべてのアーティストはブログを書いて世の中にどんどんアピールすべきです。

 

僕も自分の作品をブログにどんどんアップして、地元室蘭市のことを、社会に伝えたいことを自分なりのやり方で表現していきます。

 

インフォメーション

f:id:moriblog:20160216115103j:plain

 

・4月5日(火)~ 4月16日(土)まで、室蘭市民活動センターで砂絵師・森マサミチの個展と講座が開催されます。

 

・サンドアート講座 : 4月12日(火) 10:30 ~ 11:45

 

・砂絵師  森マサミチ Facebook(基本、どなたでも友達申請承認します)

https://www.facebook.com/syuduki.morisita

・砂絵師 森マサミチ Twitter

https://twitter.com/Hokkaido_naru

・ご連絡先はこちら

*masamichimori40@gmail.com

 

 砂絵師・森マサミチ公式サイト

砂絵師・森マサミチ公式サイト | サンドアート、カラーサンド、サンドパフォーマンス