サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

新しいことに挑戦する勇気がない人がやるべきこと

新しいことに挑戦する勇気がない。

新しいことに挑戦する勇気が出てくれば、一歩前に進めるのに。

これは年齢に関係なく、どんな人でも抱える悩みの一つだ。

 

ではなぜ勇気が出てこないのか。

それは単純に経験が足りないから、怖くて失敗を恐れて新しいことに挑戦できないだけなのだ。

 

大丈夫、大丈夫だから。

失敗しても命まで取られることはないよ。

かつて会社を経営して借金して追い込みかけられた経験のある僕がいうのだから間違いないよ。

だから安心して、失敗して笑われてもいいやと割り切って、腹を決めて新しいことに挑戦してみなよ。

 

まずは失敗してもダメージが少ない方法から試してみよう。

それで攻略できたら儲けもの。

攻略できなければ、倒し方を考えてまたチャレンジすればいいさ。

 

生きてるとつらいことのほうが多いと感じるけど、それと同じくらい楽しいこともたくさんあるから、新しいことに挑戦してワクワクする人生を送ってほしいとオッサンは思うのです。

 

新しいことに挑戦する勇気

サンドアート

新しいことに挑戦するときに必要なのは、勇気と気合と成功に向けての計画(人・もの・金などを含めた)だけ。

ただ新しいことに挑戦していると、当然生活も変わってくる。

 

たとえば新しい事業を行うときなんかは、取引先や付き合いのある人のところへいって相談したり協力を仰いだりする。

ステージに上がる回数も多くなるし、客に配るプロモーション用の映像も制作する。

付き合う人が増えたら、それだけ時間がなくなってくるわけだから、それまでのんきにすごしていた時間を、新しく挑戦する案件に注いでいく。

 

まずはこれを乗り切れるかどうか。

自分がやりたいと思うことに、情熱を注ぐことができるかどうか。

あとは根性論ではないけれど、本当に行動することだけ。

行動させしていけば、大きな壁にぶち当たってもそれを解決できる抜け道を見つけることができる。

 

わかる、わかるよキミの気持ち。

失敗しないほうがよいに決まっているさ。

そりゃ誰だって失敗なんてしたくないよ。

でも、失敗を恐れていたらその場所から前に進むことができないんだ。

だからみんな、怖いけど一歩前に進んでいくんだよ。

 

失敗したっていいじゃないか。

笑われたっていいじゃないか。

そんな金にもならないチンケなプライドなど、ドブに捨てちまいなよ。

 

どうせなら、新しいことにガンガン挑戦してみようよ。

 

現状維持でいたい

これは大部分の人に当てはまることだと思うけど、人ってさ、現在の状況を現状維持したい生き物だと思う。

変化を望まず、平凡な時間のなかで、ささやかな楽しみがあればそれでヨシとする人が多い。

そりゃそうだよ。

暖かい部屋でお菓子食べながら、ゲームしたり恋人や家族と楽しくすごしていたほうがいいに決まっているよ。

 

でも生きていたら必ずどこかで新しいことに挑戦しなくてはならない局面に出くわすんだよ。

恐怖しかないよね。

ドラクエ1でラスボスのドラゴンと対峙したときに、レベルが足りなくてあっちゅーまにつぶされるあれの感覚に似ているんだよ。

 

でもその恐怖を倒したときの爽快感は、倒したやつにしかわからない。

 

もしもキミが何かに挑戦するときがきたら、一度玉砕覚悟で突っ込んでみなよ。

それで負けても気にするな。あきらめなければ負けではない。

なんどでも挑戦していたら、そのうち攻略方法がわかってくる。

人生はゲームと一緒だ(人生ゲームがあるように)

新しいことに挑戦する勇気がない人がやるべきことまとめ

  • ダメージの少ない方法からチャレンジ(生きて帰ってくるために)
  • 笑われても気にするな(かぼちゃが笑っているくらいに思え)
  • 失敗を恐れずに行動する(行動しないければ何も変わらない)

 

これから僕も新しいことに挑戦する。

個人事業主のままでもよいのだが、法人化しなければ攻略できない領域のボスを倒すために、法人化という装備を手にして戦いに臨むわけだ。

 

最初から失敗するつもりはないが、万が一失敗してもまた立ち上がって戦うだけ。

僕の人生は失って、また新しいものを手にしての繰り返しだから、失敗なんてもう慣れっこだ。

 

失敗を怖いと思わなくなれば強くなれる。

だからどんどん新しいことに挑戦することができるんだ。