サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

かわいいクラフトバンド作品をゲットだぜ!

f:id:moriblog:20170803222215j:plain

▲ サンドアートライブ前にツーショット!

 

僕が手に持っている、このかわいいだるまさん。

このかわいいだるまさんは、クラフトバンドで作られたもので、制作されたのは山口県防府市で紙バンドのデザイン、制作、教室をされている「ひなクラフト工房」の、ひの和江さん。

 

彼女はとても素晴らしい作品を制作するクラフト作家なのです。

 

かわいいクラフトバンド作品

f:id:moriblog:20170803223401j:plain

以前、彼女のタイムランで見た「だるまさん」がとてもかわいくて、「だるまさんが欲しい!」とお伝えしていたのですね。

それで8月2日に、僕のステージのお手伝いをしていただくために福岡でお会いした際、だるまさんともご対面!

ポケモンゲットだぜ! の如く、まさに「だるまさんゲットだぜ!」です(笑)

 

 

クラフトバンドとの出会いは、僕がまだ幼いころのこと。

母親がクラフトバンドでよく作品を制作していたのを近くでみていて、「次はこれを作って」とおねだりしていたことを覚えてます。

 

人の記憶って、良き思い出はいつまでも色あせないまま心のなかで輝いているものです。

クラフトバンドの作品をみると、ふと昔の記憶がよみがえってくるのです。

 

一つ一つ、丁寧に手作りされたものだから

育ってきた環境が影響していると思うけど、僕は「人が丁寧に手作りしたもの(作品)」がとても大好きなんですね。

もしかすると、サンドアーティストとして活動している僕の本当の原点は、幼い頃に物を作る母の姿をそばで見ていたことが影響しているのかもしれません。

 

作家が一つ一つ、心を込めて丁寧に作る。

完成された作品には、作家の想いがたくさん詰まっているのです。

 

また作品には「作家の人柄」がよく表れるものです。

僕の作品なんかもよく「ガラスのような繊細な人柄が絵に出てるよね」と良く言われますが、なにか(笑)

 

実際にひのさんとお会いして、一緒の時間を共有させていただき、「優しく明るく元気」なところが、だるまさん以外の、他の作品にもよく表れているのがわかります。

 

素晴らしい作品の数々。

ぜひぜひ、「ひなクラフト工房」のブログをチェックしてみてください!

 

ameblo.jp