読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

DVDを上映するための画面比率の確認。16:9 か 4:3 か?

サンドアートを結婚式の余興で流したい。

 

最近はサンドアート関連の映像を制作することが多くなり、依頼主の8割はこれから挙式を控えている方が多いかな。

ただサンドアートの映像制作をご依頼される方にお願いしているのは、式場のスクリーンの大きさの確認です。

 

16:9 なのか、4:3 なのか、この違いによってスクリーンの上下に黒い帯ができてしまったり、縦長に映ってしまったりと「どうもしっくりこない」映像になってしまうので、制作する際は必ず確認を取るようにしています。

 

これから自作で結婚式用の映像を制作しようと考えている人は、制作したDVDを上映するスクリーンの、画面比率の確認だけはしっかりとチェックしておきましょう。

 

 DVDを上映するための画面比率の確認 

画面比率

 

DVDを制作していると、意外と忘れがちなのが画面サイズ。
実はあまり気にしていない人が多いかも?


現在はワイドテレビが主流なので、あまり気にもとめない方もいらっしゃると思いますが、結婚式場によっては使用するプロジェクターはバラバラ。

なかでも昔の四角い画面で上映しているところが意外に多いんです。


普段僕たちがみているTVサイズは16:9というワイド画面。

しかし、多くの式場では4:3という四角い画面サイズを使っているところもあるんです。

 

だから僕はサンドアートの映像制作をする際、まずはじめに依頼主様に確認してもらうのは、結婚式場のスクリーンの大きさ。

 

それはなぜかというと、映像を制作する際に画面サイズを間違えてしまうと、せっかく完成した映像を最悪の場合、最初からやり直すことがあるからです。


映像完成後にサイズを変更することは本当に大変。

なので、必ずプランナーさんに確認することが大切です。

 

 16:9 と 4:3

16:9 4:3

出典元 : 画面比率

 

16:9の映像を4:3の画面に上映したり、またはその逆、4:3の映像を16:9の画面で上映する場合、 画面の両端や上下に黒い帯が挿入されます。

なので、制作時のままのものを上映したいのであれば、画面比率はとても重要になってきます。

 

画面ギリギリにしない

16:9の映像を4:3にした場合だと、画面ギリギリに描いた絵が見切れてしまったことがありました。

また、画面の四隅10%程度は上映されない可能性がありますので注意が必要です。

なので、今は安全フレーム内で収まるよう絵を描いています。

このあたりも重要ですね。

 

たとえばこんな感じ。

 

f:id:moriblog:20160718225843j:plain

 

f:id:moriblog:20160719115749j:plain

 

 

これだとカッコ悪いよね!

全体が映ってないもん!

 

なので、画面比率と安全フレームはとても重要なのです。

 

インフォメーション

サンドアーティスト森マサミチ

 

 

▼ お問い合わせ

moriblo.net

 

▼  砂絵師・森マサミチ Facebookページ

https://www.facebook.com/sandarthokkaido/

・砂絵師 森マサミチ Twitter

https://twitter.com/Hokkaido_naru

 

砂絵師・森マサミチ公式サイト

砂絵師・森マサミチ公式サイト | サンドアート、カラーサンド、サンドパフォーマンス

北海道で唯一のサンドアート教室

砂絵塾