サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

努力は必ず報われるとは限らない

サンドアート



努力は必ず報われるとは限らない。

努力すればなんでも願いが叶うなんて嘘だ。

いくら頑張っても報われないことのほうが多いし、逆に疲れることのほうが多い。

 

ただ努力したことがすべて報われるわけではないけれど、努力しなければ何も始まらないのも事実。

 

昔の僕がそうだったように、良くない状況がずっと続けば疑心暗鬼にもなってくるし、すべてを投げ出したくなるのもよくわかる。

しかし努力したことは無駄にならない。

あなたが努力してきたことは、後々の人生のどこかで役に立つときがくるから。

 

努力は必ず報われるとは限らない

 

昨日、友人と話をしていて、ふと昔(10年前)の自分のことを思い出した。

昔の僕は、うまくいかない理由を他人のせいにしていたクソ野郎だった。

 

自分では「これでもか!」というくらいに努力しているつもりでも、状況が好転する気配が微塵も感じることができないと、本当に心が折れそうになる。

生きていることさえ、疑問に感じることだってあった。

 

アイツがもっと頑張ってくれていたら、うまくいってたのに。

ここで手を差し伸べてくれていたら、状況が好転したかもしれない。

なにこれ? どんだけ他人に依存してるの?

 

努力はすべて報われる。

そう信じている人がいるけれど、すべてが報われるわけではない。

また半年で報われる人がいれば、5年、10年後に報われる人もいる。

 

ただ報われる報われないなんて、ハッキリ言って誰にもわからない。

わかっていたら、どれだけの人が生きることに希望を見出すことだできただろうか。

 

現状が好転するまでの間、人はどうしても「自分だけが不幸だ」とつい考えてしまいがちだけど、なにも不遇なのはあなただけではない。

この世の中にはそういった人がいっぱいいる。

 

売り上げが上がらないとか、仕事が来ないとか、恋愛がうまくいかないとか、夫婦の仲がよくないとか、これまで状況を改善するために努力をしてきたけど、まったく報われない。

 

でもね、諦めたらそこで終わりなんですよ、何事も。

ツラくても、心細くても、本気で何かをしたかったら、成し遂げたかった、報われたかったら、絶えず挑戦し続けるしかない。

 

最後は自分だけが頼りになる

こんなことばかり言ってたら根性論になってしまうけど、最後は自分だけが頼りになる。他人はしょせん他人でしかない。マジで自分だけが頼り。

 

だけどそんな自分に対しても言えることがある。

自分自身を甘やかしていたら、結局は何でも他人任せ、他人のせいにしてしまう。

 

 

これはアートに対する考え方だけど、いくら僕がきれいなサンドアートを描いたとしても、それは本当のアートではない。

僕の生き方そのものがアートにならなくては、意味がない。

 

現状で不遇の時間を彷徨っている人に言いたいことは、とにかく小さな針の穴ほどの生きる希望を見出し、それに向かって歩き続けること。

 

たくさんの人に迷惑をかけているかもしれなけど、それはあなたが何かで成功したときにちゃんと返せばいいんだよ。

 

いつまでもイジけていても始まらない。

歩き出さなきゃ道は開けない。

もういっぱい他人に迷惑かけてんだから、そんなこと気にしないで自分の進みたい道をガッツリ進めよ!

 

後悔したくはないでしょ?

だったら玉砕覚悟で突き進むしかない!

本気を出して突き進んでいく途中で、必ず見えてくるものがある。

 

行動しながら考える。

そうすることで、それまで見えなかった景色がみえるようになるから。

 

 

moriblo.net