サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

芸術を仕事にしたい!やるべきことはたった一つ。

芸術に携わっている人であれば、一度は芸術を仕事にしたいと思うだろう。

たとえばあなたが画家だとして、描いた絵を「あなたの知らない誰か」が評価してくれて買ってくれたのであれば、それはチャンスがあると思うのでガンガン描き続けたほうがよい。

 

芸術を仕事にしたいのであれば、新しい作品をこの世に誕生させることだ。

販売スキルなどはそのあとのことであり、まずはしっかりとした作品を完成させ、あなたの知らない誰かに「この作品がほしい」と思ってもらうこと。

 

プロでもアマでも画家は画家。名乗るのは自由。

ただプロになりたいのであれば、あなたの知らない人から評価される必要がある。

よくある「仲間内に買ってもらう」のも最初のうちはよいが、仲間内以外の人から評価され購入されて、はじめてチャンスが広がってくるもの。

仲間があなたの作品を買ってくれたのは「応援したいから」であり、本当の勝負は仲間以外の人に「この絵がほしい」と思ってくれて、行動(購入)してくれるかどうか。

 

仲間が購入してくれて嬉しくて、調子に乗りたくなる気持ちもわかる。

しかしそこがゴールではないと言っておく。

あなたのゴールはさらにその先にある、「あなたの知らない人」が購入してくれて、はじめて喜ぶものであり、常に試合を行い(販売活動や絵を描く活動)ゴール(購入)を目指していかなければならない。

 

 

芸術を仕事にしたい

芸術を仕事にしたい人って、世の中にはたくさんいる。

仕事にするということは、プロだ。

それが100円だろうが100万だろうが稼ぐ金額は置いといて、世の中には芸術を仕事にしたい人がたくさんいる。

 

すでに芸術を仕事にしたくて行動している人は、さきほども書いたように「あなたの知らない誰かに作品を買ってもらうための行動を起こすこと」だ。

厳しい言い方をすれば、仲間内で評価されてるうちは話にならない。

なぜなら仲間は「付き合い」で買ってくれるだけであり、継続的な購入を見込める要素がないからだ(支援者になってくれるなら別な話)

 

逆に頭のなかだけで「芸術を仕事にしたい」と考えている人が多いのも事実で、「この仕事がしたい!」と思ったら即行動する人って、案外少ないよね。

 

食べていけなかったらどうしよう?

失敗したらどうしよう?

 

はじめてのことなら尚更不安になるのも事実。

だけど行動した人だけがどんどん先に進めちゃうわけで、後から追っても追いつけない距離にまで差を離されてしまう。

 

だからこそ思うのだけど、現在どこか働いているのなら、働きながらスキルを磨いていけばいいし、副業としてお金を稼ぐことをしていけばいいと思います。

 

芸術仕事



たとえば現在医療系事務の仕事をしている人が芸術の仕事がしたいと考えます。

 

転職しようかな?

 

そう彼女は考えますが、どうしても二の足を踏んでしまいます。

 

彼女は昔から絵を描くのが得意でしたが、芸術の仕事をするにあたり専門学校に通いスキルを身に着けてからのほうがよいのでは? 素人では雇ってもらえないのでは? ご飯食べていけるかな? などなど、さまざまな不安がよぎります。

 

たしかに専門学校に通えば横のつながりもできるだろうし、大きなスキルも身に付くでしょう。

しかしそのためにかかる金額や時間というのも大きなものになるため、なかかな実行に移せない人も多いのが現実です。

 

また親からの反対もあるでしょう。

せっかく会社勤めをして安定した(ここでそう仮定する)収入があるのにもかかわらず、もしかすると将来食えないアーティストになったらどうしようと不安を覚えることもあります。

 

イラストレーターでもデザイナーでもなんでもそうだけど、会社に雇われて芸術関連の仕事をするのなら安心できるでしょうが、それは狭き門。

フリーだとアート系の仕事だけで食べていける人はごく一握りだと聞いたことがあります。

 

新しいことへチャレンジするときって、どうしても悪いことを想像してしまいがち。

だから不安を覚えるのは当然のことだと思います。

 

だけど、ほんの少しの勇気で違って世界が見えてくるのも事実です。

 

アート系を仕事にしたい人がやることはたった一つ

芸術仕事

自分が世に出しても恥ずかしくないと思える、確信できる作品を1つ、完成させること。

その作品を武器に、たとえばアート系の仕事につきたいなら「こんな作品も描けます」と自分の名刺代わりにすればいい。

販売や営業方法などは書かないが、効果的は方法は必ず存在するから。

 

新しいことをやるときもそうだけど、今一歩前に進めないときがある。

でもね、その一歩を踏み出さないとなにも状況は変わらない。

芸術を仕事にするにしても、どんなことをするにしても不安はつきものだと割り切りましょう。

 

まだ起こってもいないことを心配する時間のほうが無駄です。

無駄無駄無駄!

 

自分のなりたいもの、やりたいことを仕事にしていくのなら行動あるのみ。

行動しながら考えていく癖をつけていけば、不安など気にしてる暇がなくなります。

ただ作品のクオリティが高いことが最低条件。

すべては作品で評価されるから。

 

リスクを背負うから本気になれる

2008年ころにサンドアートと出会い、コツコツと独学で練習か重ね、2013年から本格的に稽古をはじめ、2016年から表舞台での活動をはじめました。

 

ご存じの方もいると思いますが、現在はサラリーマンをやりながらそのサンドアートがもう一つの仕事になっています。

 

ただ僕がここまで何も苦労をしていないわけではありません。

本格的にサンドアートをはじめた2013の半年間、仕事を終えてから毎日8時間練習して基本の技術を習得しましたし、今年、2016年に入ってから機材や印刷代、その他諸々の経費だけでも100万はかかってます。

 

それでも好きなことを仕事にしたいから、お金をかけるリスクを背負ってでも本気でサンドアートに取り組めるのです。

 

また僕の一番の理解者でもある妻、そして親友の応援。

そういった支えがあるから安心して思い切った行動ができているのです。

 

話を戻しますが、芸術を仕事にしたいのならやるべきことはたった一つ。

それは、なりたいものに向かって行動すること、ただそれだけです。

 

まずは自分が世に出しても恥ずかしくないと思える、確信できる作品を1つ、完成させること。

うだうだ悩んでないで、今すぐ行動するべし!

 

 

▼ お問い合わせ

moriblo.net

 

サンドアート森マサミチ公式サイト

サンドアート・森マサミチ公式サイト | サンドアート・サンドアートパフォーマンス・結婚式余興・イベント出演・映像制作