サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

このバカ!自分の限界を勝手に決めんじゃねーよ!

f:id:moriblog:20170625022327j:plain

 

そう、弱気になりそうな自分自身に檄を飛ばした。

 

ありがたいことに、目まぐるしく一気に状況が変化したこともあり、毎日夜中まで稽古をしたり依頼されたものを制作する日が続いている。

 

そういった嬉しい忙しさの反面、気持ちの面でときにグラグラと揺れ動くことがある。

それはなぜか?

孤独だからだ。

 

 

創作をする者は基本、作業中は孤独だ。

創作を始める際、私は暗い部屋に閉じこもり、心を穏やかにサンドアートテーブルへと向かう。

 

テーブルから放たれる光を見つめながら、ゼロから1を生み出すために知恵を絞り、降りてきたアイデアを忘れないように、何度も砂で絵を描き写真に撮り、ようやく10あるうちの1を造り上げる。

別にカッコつけるつもりはないが、例えるなら常に自分自身と戦っている状態なのだ。

 

だからこそなのか、ふとした瞬間、弱気になることがある。

 

本当に完成させることができるのか?

相手を納得させるものができるのか?

途中で投げ出したりしないだろうか?

これが限界なのか?

 

まだ起こってもいない未来の姿を勝手に想像し、挙句の果てに自分の限界を勝手に決めてしまうことがある。

 

「このバカ!自分の限界を勝手に決めんじゃねーよ!」

 

そんなとき、私は自分自身にそう檄を飛ばす。

 

自分の前後を確認する。

僕の前、その後に続いている者の存在くらいは知っている。

喰うか喰われるかの激しい攻防。歓喜と嫉妬。

情け容赦のない世界で潰されないように、これまで少しずつ力をつけてきたからわかることもある。甘えをみせたら、すぐに後ろから足元をすくわれるのだ。

 

地方でのステージ、創作物の制作など、自分の存在がジワジワと知られるようになってきた。この秋からは、さらにその傾向が強くなるだろう。

 

だからこそ、どんな状況になろうとも、いちいち揺れ動かない「自分軸」をしっかりと持ち行動していくことが大切なのだ。

 

弱気になるな!

自信を持て!

 

人生なんて一度きり。

だったらとことん楽しみながら突き進んで行こうじゃないか。

 

 

 

 ▼ 公演依頼はこちらから

moriblo.net

北海道、岐阜、福岡などなど、7月以降の公演等スケジュールが決まっております。

ご依頼の方はお早目にお問い合わせをいただけると助かります。

 

▼ 森マサミチFacebook(友達申請、基本どなたでも承認してます)

https://www.facebook.com/syuduki.morisita