サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

必要とされる人と仕事について

必要とされる人になりたい。

必要とされる仕事がしたい。

 

13年以上も前のことですが、人生のどん底から復活したとき、ほんのわずかな家財道具しか残らない寂しい部屋の天井をみつめながら、僕はそんなことを考えてました。

 

必要とされる人になりたい。

必要とされる仕事がしたい。

もしかしたら、過去に勤務していた先輩や上司、社長さんから必要とされていたかもしれませんが、自分でも理由はわかりませんが、訳もなくそんなことを考えて時期がありました。

 

当時は事業が失敗して借金を背負ってがむしゃらに働いて時期なので、他の誰かをみてそう感じていたのかもしれません。

 

他人から認めてもらえると、生きる気力が湧いてきます。

他人から褒められると、自分以外の人にも優しくなれたりします。

 

それと同じで、他人から必要とされると、「よっしゃ!いっちょ、やったろうかな!」と行動を起こす気になりますし、仕事だって頑張れます。

 

【スポンサーリンク】

 

必要とされてないのかな?

サンドアート

自分なんて、必要とされてないんだ。

僕の周りにもこう相談してくる人がいます。

 

会社でも疎外感を感じている。

仲間といても独りぼっちの気がする。

 

自分は必要とされていないんだと感じる原因は人それぞれだと思いますが、かつて僕もそう感じていたことがあって、事業が好調のときは近くにいたのに、ダメになると自分の元を離れていく人たちを目の当たりにしたとき、「あぁ、本当に俺はこの世に必要な人間じゃないんだな」と背中を丸めていました。

 

ただそのとき、手を差し伸べてくれた人がいて、「もしも君が今後、何かで大きくなったとき、今の君のような人を何らかの形で励ましてあげることができるよね?だから、君は必要な人なんだよ。例外はあるかもしれないけど、必要じゃない人なんて、この世の中にはいないんだよ」と言われたことがありました。

 

ただ人って心が好調じゃないときは、何を言われてもあまりピンとこないものですが、やがて心に復活の兆しがみえてくると、「そういえば、あのときあんなことを言われたな」と思い出すものです。

 

そんなこともあり、現在の僕があるのですが、自分のことを褒めてあげることもときには大切なことで、他人から褒められなくても、「よし、今日は頑張ったな」と自分で自分のことを褒めてあげると、少しずつ気持ちが和らいできます。

 

誰も褒めてくれないと嘆いている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

www.sandarthokkaido.net

 

 

必要とされる人と仕事

僕はサンドアートを生業としていますが、先日こんなメッセージをいただきました。

とても癒されるアートですね!

私は現在、病を患い入院しているのですが、森さんの作品をみていると、頑張って早く治そうと元気をもらえます。

痛みと戦う日々ですが、早く治してまたライブに行きます!

 

誰かに必要とされる人になりたい。

誰かに必要とされる仕事がしたい。

 

僕は自分の作品やメッセージなどをよくFBにあげているのですが、それをみた人からメッセージをいただき、自分のサンドアートが、現在闘病中の方に少しでもお役に立てているのだなと思うと、13年間、いろんなこともあったけど、めげずに歩いてきて良かったなと思えました。

 

誰かの心に寄り添えるアートは、活動は、この世の中にはたくさんあります。

そのなかの一つとして、僕はサンドアートでいろんな活動をしています。

 

そういった活動を通じて、その姿をみた方が、「自分も一歩前に踏み出してみよう」と感じてくれたらとても嬉しいし、こういったメッセージをいただくことで、また僕も前に進むことができる。

 

人の生き方に正解なんてないけれど、僕は僕の信じた道を歩き、僕の活動を通じてそれをみた人が「何か」を感じてくれたらと思ってます。

 

必要じゃない人なんていない

私なんて必要のない人間なんです。

たまにそういった言葉を耳にすることがあります。

しかし、この世の中で本当に必要ではない人間なんているのでしょうか?

 

人間誰でも好きな人がいて、親しくする人がいて、自分のことを愛してくれる人がいる。

たった一人でもそういった人があなたにいるのであれば、あなたは必要とされている人間なんです。

 

あなたがこの世からいなくなったら、悲しむ人が一人でもいるのであれば、それは必要とされている人間なんです。

 

社会の歯車になれないから自分は必要な人ではない。

いやいやそんなことはない。

 

社会に歯車になることがあなたの生きがいではないはず。

あなたはあなたらしく、生きていきばいい。

そのなかで、たった一人でもいいから必要としてくれる人がいればいいじゃない。

 

だから必要とされてないと思わなくてもいいんだよ。

この世の中にたった一人でもあなたを必要としてくれる人がいるのなら、あなたは幸せなんだよ。

 

【スポンサーリンク】