サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

一期一会ってさ。

f:id:moriblog:20170614182929j:plain

一期一会。

その言葉の意味を深く考えたことはなかった。

誰かが言ってるな。

以前はその程度にしか考えてなかった。

 

ただ最近はサンドアート関連でいろんな人とメールをしたり電話で話をしたり、リアルでお会いしていくなかで、ふとしたときに「この人と、こうして一緒の時間をすごすのも、この仕事が終わったらもうないのかな」と考えたときに、良い人であればあるほど少しだけ心が寂しくなったりする。

 

人生のなかで、いったいどれくらいの人と関わることになるのだろうか?

仕事の内容にもよるだろうし、自身の性格にもよるだろうが、こんな説がある。

 

人生80年として、人が一生で出会う人の数は、

何らかの接点を持つ人            30,000人

同じ学校や職場、近所の人  3,000人

親しく会話を持つ人             300人

友人と呼べる人                    30人

親友と呼べる人                    3人

引用 : レアルタより

 

友人と呼べる存在、親友と呼べる存在。

あながち間違っていないかもしれない。

 

一期一会

この一期一会。

広辞苑を調べてみると「生涯ただ一度まみえること。一生に一度限りであること」と書いてある。

 

毎日顔を合わせる人であっても、言葉を交わすたび、その一瞬一瞬は「一期一会」なんですよ。だから相手を思いやり、出逢えたことに感謝をしなさい。

 

そんなニュアンスなのだろう。

 

 

ただし、誰にでもそんな気持ちになるわけではなく、たとえば、しばらく付き合ってみて、「この人は自分にとってマイナスで、とても迷惑な人だな」とか「性格が合わないな」と感じた場合、「この人とはご縁がなかった」と、さっさと割り切る性格を持ち合わせるのは大切なことだと思う。

 

ていうか、そういう割り切りってほんと大事だと思う。

 

たとえばプライベートのとき。

自分が付き合いたくもないのに、影でグチグチ文句ばかり言ってるくせに、渋々その相手と付き合う人がいる。

たしかに、時には我慢することもあるだろう。

ただそれで「体調を崩して」しまっては元も子もない。

嫌ならば、フィーリングが合わないならば、その場からさっと離れてしまえばいい。

そのほうがお互い幸せな道を歩ける。

 

僕にとっての、最高の一期一会とはなにか?

それは、変な駆け引きナシで僕のことを考えてくれて、思ってくれる人たちが、それにあたる。

 

恋愛的な意味ではなく、「森マサミチのことが好きだから」という理由で支えてくださったり集まってくれる人たちが、僕が本来出会うべき相手であり、最高のご縁だと考えている。

 

一期一会だからこそ、いろんな人と会ってみるべし!

f:id:moriblog:20170715002505j:plain

本当に世の中は便利になった。

スマホが普及したことで、誰でも簡単にSNSを使えば全国の人と繋がることができるようになった。

 

ただどれだけ便利な世の中になっても、未来永劫、我々人間の悩みとして残るもの。

それが人間関係だ。

 

ある人は「自分の近くに信用できる友達がいない」と相談してきた。

だから僕はいった。

「近くに信用できる奴がいないなら、全国の人と繋がってみるばいいじゃないの?」と。

 

人間、どうしても狭い範囲で物事や人の流れを見ちゃうけど、狭いと言われているこの日本はまだまだ広く、その土地によっては文化も考え方も違うのだ。

 

だから僕はそういった人たちに言うんです、

「一度、北海道から出てみたら? なんなら外国に行ってみたら?」と。

狭い場所にずっといるから、環境にいるから、周りを見渡すことができない。

 

あなたが思っているほど日本は狭くないし、外国に行けば日本の常識なんてマジで通用しないこともある。

また狭いコミュニティにいればいるほど、周りを見れなくなってしまうもの。

息苦しさを感じたら、飛び出せばいい。

 

ほんと、世のなかはいろんな環境があり、またその環境があなたにピッタリとマッチするかもしれない。

 

であれば、さっさとSNSを使って全国の人と知り合いになり、そこで自分と気の合う仲間を見つければいいのだ。

 

悩むことも大切。

でも悩みすぎるのはあなたの歩みを止めてしまうのでとても危険だ。

 

会いたいと思う相手がいたら、相手が了承してくれるのであれば、会いに行く。

現在では僕の仕事を手伝ってくれている親友の山下タカオさんとは、2年くらい前にブログを通じて知り合い、リアルでも会い、現在に至る。

 

現在、僕を支えてくださっている方々との関係も最高のご縁。

以前から付き合いのある方々。

お仕事や個展、教室などに足を運んでくださり、そこから付き合いが生まれた方々。

撮影を通じて最高の瞬間をとらえてくれる方々。

FBを通じて知り合い、実際にお会いして現在も付き合いがある方々。

これからお会いする方々。

 

未来なんてものは誰にもわからない。

もしかしたら、最高のご縁だと感じていても、数年後には逆になっているかもしれない。

でも人間の本質なんてものは、実際に会って話してみないとわからないもの。

だからこそ、リアルで会うのが楽しいのかもしれない。

 

もしかすると、その出会った方と将来一緒に楽しいことを始めることができるかもしれない。かけがえのない親友になれるかもしれない。お互いの心の支えになるかもしれない。

 

だからこそ、僕は「この人と一度会ってみたいな」と感じたのなら、相手が了承してくださるのであれば、お互いの時間が合うときに、短い時間でもいいからリアルでお会いすることにしている。

 

チャンスは自らの手で掴み取るものだが、そのチャンスを自分に届けてくれるのは目の前の人だったりする。

だからこそ、良い出会いであればあるほど、その人との関係を大切に育んでいけたらいいなと考えている。

 

 

 ▼ 公演依頼はこちらから

moriblo.net

北海道、岐阜、福岡、愛知などなど、来年2月までの地方公演スケジュールが決定!

ご依頼の方はお早目にお問い合わせをいただけると助かります。

 

▼ 山下タカオへのお仕事依頼はこちらから

【福岡限定】アナウンス・ナレーションのご依頼について | サンドアート・森マサミチ公式サイト

 

▼ 森マサミチFacebook(友達申請、基本どなたでも承認してます)

https://www.facebook.com/syuduki.morisita