サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

自分を責めるのをやめる方法

【スポンサーリンク】

 

f:id:moriblog:20170502014949j:plain

自分を責めるのをやめる方法。

  • 自分を責めようとすることをやめ、心のなかで閉じている蓋を開放してあげること。
  • 自分を責めようとすることをやめ、自分に向かっている怒りのエネルギーを、相手に向けること。

 

 本当は相手に対して怒っているのであれば、その怒りをちゃんと相手に伝えなきゃ、いつまでたっても自分が苦しむことになるよ?

 

自分を責める

自分を責めることが日常となり、それが仇となり苦しんでいる人をよくみかける。

仕事でミスをするたびに自分を責める人。

相手の期限が悪いのは「自分のせいだ」と勘違いをして自分を責める人。

 

本当は「あなたは何も悪くない」のに、「問題を早く終わらせたいから」という理由だけで自分のせいにしてしまい、謝ってしまう経験、ありませんか?

 

自分を責めることが癖になり、それにより自分自身がとても苦しい思いをしているのであれば、そんなしがらみなどさっさとゴミ箱に捨ててしまいましょう!

 

自分を責めてしまう原因とは?

【スポンサーリンク】

 

自分のことを責めてしまう人って、優しい心を持った人が多い。

 

  • こんなことを言ったら、相手を傷つけてしまわないだろうか?
  • こんな行動を取ったら、相手に迷惑をかけてしまわないだろうか?

 

など、相手のことを考えて行動するのは決して悪いことではないのだけど、考えすぎてそれがやがて相手との歯車が狂ったときに自分責めをしてしまう。

 

本当はどうみても相手のほうが悪いのに、相手のことを考えしまうせいで原因をすべて自分のせいにしてしまう。

 

自分が悪いことにすれば、すべて丸く収まる。

相手との関係も悪化することがなくなる。

 

表面上はそれで良いのかもしれない。

だけどそれを続けることで、あなたは自分自身を苦しめていることを忘れてはならない。

 

親からの影響

良い子にしていれば親から怒られない。

また逆に反抗したら親が傷つくかもしれないから、良い子でいよう。

 

本当は反抗したいのに。

本当はもっと自分のことを認めてほしいのに。

 

幼い頃って親が絶対的な存在だし、大切な存在だから、親から好かれたい気持ちになるのは当然だ。

 

しかし良い子を演じてきた結果、現在自分責めで苦しむ結果となってしまっているのであれば、さっさとそれを手放してしまおう。

 

もうこれ以上苦しむ必要はないんですよ。

 

自分はバカでどうしようもない。

この場所にいないほうがいいんじゃないのか?

 

ん? と思うわけです。

 

なぜそこまで自分を責めるのだろうか、と。

 

自分を責めたところで、その状況が変わるわけではない。

いつまでもグズグズとイジケテいる時間があるのなら、まずは悪くなった状況を軌道修正することからはじめないと。

 

自分を許したい

【スポンサーリンク】

 

自分を責めている人は、そろそろ自分を責めることをやめて、許すことにエネルギーを使ったほうが良い。

 

自分を責め続けていると、自分のやることはすべて間違っているのではないのか?という、おかしな錯覚を引き起こすからだ。

 

本当は、自分を許してあげたいんじゃないの?

だけど周りの目を気にして、自分のやることはすべてダメなことなんだと勝手な解釈をしているだけなんじゃないの?

 

この世に完璧な奴などいないんだ。

歴史上のどんな偉い奴だって、ミスはする。

しかしミスをしたけれど、それを糧にまた歩き出したから偉大な歴史の礎を築いてきたんだ。

 

自分を責め続けていると、心も身体も疲れてこないか?

そんな時間に身を置いていても、生産性のない時間をただすごすだけだ。

 

自分を責めるのをやめよう

自分を許したいのなら、まずは自分を責めるのをやめよう。

そこから新たな道が見えてくる。

 

「大丈夫、たいしたことはない」

自分にやさしくすると、もっといいことがある。

それは、あまりよくなかった決定に悩まないことによって、自分はなぜまちがった決定をしたのかを学習する余裕ができるからである。

 

これはアメリカの自己啓発作家、ジェリー・ミンチントンの書籍の一部に書かれている言葉だが、自分を責めている人に知ってほしい言葉だ。

 

誰でも最初に思い描いた未来図は楽しいものだったはず。

しかし、この世知辛い現代社会で生きていくうちに、なんとなく自分を責めることを続けているうちに、それが当たり前のようになっている人がいる。

 

みじめな人生が、あなたの人生ではないはず。

人を殺めたり傷つけることは別として、大なり小なりに関係なく、あなたが引き起こしたミスはすべて許せるもの。

 

「大丈夫、たいしたことはない」

 

そう考えれば、いつの間にか心はフワフワと軽くなるものだ。

サンドアートのご依頼先

▼ お問い合わせ

moriblo.net