読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

人物の描き方教室。サンドアートで人物画を描いてみよう!

人物の描き方って人それぞれですが、僕がサンドアートで人物画を描くときの工程を説明します。

 

とその前に、あまり信じてもらえませんが、僕は人物画が苦手でした。

苦手でしたが、苦手なことをずっと練習していくと案外描けてくるようになるものですね~。

現在ではむしろ得意分野になったくらいです(笑)

 

では、今日もいってみましょー!

 

 

人物の描き方

人物の描き方

 

今回紹介する人物画は約1時間くらいで描きました。

慣れてくればこのくらいの時間で人物画を描けるようになります。

 

僕はよほど細かい絵じゃない限りは、そのままガラスの上に描いちゃいますが、砂を使ってはじめて描く人は、一度紙に描いてから砂で描くこと。

そのほうが、イメージが頭のなかですでに描けているので上手に描けると思います。

 

僕は背景画と人物画、動物画をメインに描いていますが、一番楽しく描けるのが人物画ですね~。

楽しく描けると完成した作品の出来栄えも良くなるのから不思議です。

 

顔の輪郭半分から描く

サンドアートで人物画

描き方は人それぞれなので、あくまでも参考として読んでほしいのですが、僕の場合、最初に顔の輪郭を半分だけ描き、それから両目、眉、髪の半分を描いていきます。

 

この段階で「あ、このまま描くと失敗するな」というのがわかるので、違和感を感じた箇所の修正をします。

 

描き進めていくとこんな感じです。

人物画を描く

 

この段階で顔のパーツを修正していきます。

 

人物画で特に注意しているのが目。

目を上手にかければ、他のパーツがあまり上手でなくてもそれなりの人物画が描けるものです。

 

口と鼻も影をつけるように砂を細かく散らしながら描いていきます。

 

髪を描く

人物画髪

次は髪を描いていきますが、僕が一番気を使うのがここなんですよ。

爪先でなんども細かい線を入れていくのですが、女性は髪が命なので流れるラインを気にしながら描いていきます。

 

執拗に線を入れすぎても汚くなってしまうので、人物画を描く際は気を使っています。

 

最後は顔の肌に影をつけて完成です。

 

サンドアートで人物画を描くのも面白いよ!

鉛筆で人物画を描くのもいいけど、サンドアートで人物画を描いてみるのも面白いですよ。

チャレンジしてみたいなーという方は、過去記事に砂で絵を描く方法を紹介しているので参考にしてくださいね!

 

www.sandarthokkaido.net

 

 

www.sandarthokkaido.net

 

 

www.sandarthokkaido.net

 

 

www.sandarthokkaido.net

 

 

www.sandarthokkaido.net

 

 

www.sandarthokkaido.net

 

 

インフォメーション

f:id:moriblog:20160306210004j:plain

 

道の駅「みたら室蘭」でサンドアート展開催決定!

開催期間 : 7月1日~15日まで

 

▼ お問い合わせ

moriblo.net

 

▼  砂絵師・森マサミチ Facebookページ

https://www.facebook.com/sandarthokkaido/

・砂絵師 森マサミチ Twitter

https://twitter.com/Hokkaido_naru

 

砂絵師・森マサミチ公式サイト

砂絵師・森マサミチ公式サイト | サンドアート、カラーサンド、サンドパフォーマンス

北海道で唯一のサンドアート教室

砂絵塾