サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

何か一つでもやり遂げてみよう!

サンドアート

 

やり遂げる。

辞書を引いてみると「物事を結着がつくまでおこなうこと」だという。

 

あなたは何か一つでも、最後までやり遂げたことはあるだろうか?

やり遂げたことがない人のなかには、その理由を「自信がなかったからだ」という。

 

やり遂げる

自信がないのは、実績や経験がないから。

それであれば、自ら望んで実績や経験を積めばいい。

失敗してもいいから、最後までやり遂げてみればいい。

 

それは小さなことでもいいんだ。

僕はよく「自信の欠片」という言い方をするんだけど、どんな小さなことでも、他人からみたらくだらないと思うことでも、それをやり遂げた後には必ず「自信」がついてくることを、何かとやり遂げたことがある人であれば理解してくれると思う。

 

「自信がない」

会話をしていると、そう言ってくる人がいます。

うんうん。

わかる、わかるよ。とても。

僕も以前は「自信がない」といつも口癖のように言ってたから。

 

でもね、自信がないのであれば、そう思う心に「自信の欠片」を集めていけばいいんです。

誰にでも一度は何かを達成した経験がありますよね?

たとえば受験。

たとえば遊び。

 

何でもいいんですよ。

ゲームでもスポーツでも、勉強でもいい。

アートでもいいわけなんだけど、そういった自信の欠片があれば、それらをいくつも集めていけば、やがて大きな自信に繋がっていきます。

 

「まだ自分にはない」

そうなのであれば、これから体験すればいいだけだよ。

体験することで、あなたのなかには必ず「自信の欠片」が残るはずだから。

 

小さな成功体験を積み重ねてきたから

僕なんかでいえば、ステージでパフォーマンスをするときは平均400人ぐらいは目の前にいるわけです。

今後は1000人クラスのステージでパフォーマンスをする機会が増えてくるのですが、初めから緊張もせず、スイスイとできたわけではありません。

 

最初こそ友人を集めた、ほんの少数から披露を始めていき、50人、100人、200人というように、会場が大きくなっていくたびに自信の欠片も増えていった。

 

指が震えたけど、どうにか最後まで描けた!

流れを忘れずに最後まで描けた!

 

他人からみれば、とても小さく、くだらないことかもしれません。

しかし小さな成功体験を積み重ねていけば、やがてそれは自分の財産になります。

 

僕がどん底だった頃から常に心掛けていたのは、「小さなことでもコツコツと」です。

コツコツとやっていけば、時間はかかるかもしれないけど、やがてそれは大きな自信へと変わっていきます。

 

生きていれば、ほんとツライ時期もあります。

何もかもを投げ出し、逃げ出したいときもあります。

人生の岐路に立ち、右か左かの選択を決めることもあります。

 

だけど、逃げてばかりいても事態は変わらないし、結局最後は自分自身で解決することになります。

 

「自信がなくて前に進めないな」

そんなときは過去に体験したことを思い出し「自信の欠片」を集めてみよう。

きっと止まっていた足が、すぅと自然に動き出すはずだから。

 

 

森マサミチ・プロフィール

サンドアート

北海道に本拠地を置く、サンドアート専門カンパニー、サンドアートHokkaidoの代表。

北海道室蘭市出身、同市在住のサンドアーティスト。作家。

美術学校などは出ておらず、サンドアートの技術はすべて独学で学び現在に至る。

2016年から正式な活動を開始。ブライダル用サンドアート制作を得意とし、全国各地から依頼を受けている。

 

2016年4月に地元室蘭市で北海道初のサンドアート展とワークショップを開催。

7月に道の駅「みたら室蘭」にて、サンドアート作品100点を展示する。8月にNHK総合「おはよう北海道」に生出演。11月にさっぽろアートステージ2016・オープニングイベントに出演。12月にホンダカーズ博多様懇親会にてオリジナルパフォーマンスをご披露。

 

2017年札幌初の「札幌サンドアート教室」を開講。6月には日本人では初の、豪華客船飛鳥Ⅱにて船上サンドアートパフォーマンスをご披露。2018年2月まで、北海道では伊達市、札幌市、石狩市、旭川市。愛知県では名古屋市、岐阜県では下呂市、鳥取県鳥取市、福岡県福岡市での単独サンドアート公演、ライブが控えている。

 

Face book  : https://www.facebook.com/sandarthokkaido/

 

moriblo.net