サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

会社の愚痴ばかり言ってる人が、楽しく生きる方法。

f:id:moriblog:20170205235258j:plain

会社の愚痴ばかり言ってる人が、楽しく生きる方法。

それは、「好きなこと、楽しいこと」を仕事にすること。

 

会社の愚痴ばかり言ったところで、何も解決はしない。

給料が増えるのか?

休みが増えるのか?

楽しくなるのか?

 

なるわけないよね。

だって、マイナスな言葉ばかり言っていたら、どんどん自分の気持ちが悪い方向に進んでいくだけだ。

 

会社の愚痴

会社の愚痴を言いたいのはよくわかる。

僕もなにか嫌なことがあれば、いつもグチグチ言っていた。

 

でもね、いつからかそんな愚痴ばかり言っていても、状況は何も変わらないことに気が付いたんだよね。

 

だったら好きなこと、楽しいことをとことん追求しちゃおうと考え、サンドアートをはじめた。

 

「自分の好きなことを仕事にできるって、いいですよね。僕なんて会社に不満だらけだから羨ましいですよ」

 

いつだったかそう言われたことがあるけど、だったらグチグチ言ってないで自分の好きなことをみつけて、それを個人活動にあてたり仕事にすればいいのにって思う。

 

個人活動や好きなことをすることにより、本業では味わえない楽しさを発見できたり、また本業では関わることのない人と出会うことにより、いろんな考え方を学ぶきっかけになったりもする。

 

誰でもグチは出るよね。

僕もグチは出るし。

でも、グチを言うばかりでは現状はなにも変わらないことを、みんな頭のなかでは理解してるけど、周りに同じ境遇の人たちがいると仲間意識が芽生えてグチのオンパレードになってしまう。

 

昔の僕なんてまるでその典型的な男だった。

グチを言ってもそのあと問題を解決するために行動すればいいけど、ただただグチをいうだけの超ダセー男。

グチを吐き出すだけの、生産的な会話ができない、意味のない飲み会ばかり開催してたなー(笑)

 

だけど、2009年から企業勤めをするかたわら作家活動をはじめ、電子書籍というカタチで東京の出版社から7冊本を世に送り出し、現在も連載されている作品があるんだけど、企業勤めと作家活動を両立しはじめたあたりから、自分のなかでの意識が変わってきたんだよね。

 

それはなぜかというと、きちんと結果を残さなければ生き残れないし、売れなかったら申し訳ないなと思うし、まあその他諸々あるんだけど、企業勤めをしているだけではわからないこと、その業界の方々との出会いなどなど、初体験なことばかりで、結果それが企業勤めにも活かされてきたというか、仕事に対する意識に変化が現れたんだ。

 三枚目の名刺を持つ

企業の名刺と作家の名刺、そしてサンドアーティストとしての名刺。

特にサンドアーティストとしての名刺は誰の後ろ盾もなく、何かあればすべて自分の責任が発生してくるので、真摯に取り組んでいかなければこれまで積み上げてきた信用を一気に失ってしまう。

 

でも企業の仕事も作家もサンドアートも、偶然にもすべて好きな仕事だから苦痛とかを感じることもなく、楽しく仕事ができている。

 

当然これには周りのサポートがあるからすべて両立できるわけであって、ほんと僕の活動を理解してくださる方々には感謝している。

 

信用とか信頼とか書いてたら思い出したけど、ある方から「お前は信用できる男だから」と言われたことがあるんだ。

んまあ自分ではそんなこと微塵も考えたことがなく、ただただ人として当たり前であろうことをやってきただけなんだよね。

 

でもそのとき思ったんだ。

あぁ、人が生きていう上でお金も大切だけど、信用とか信頼とかのほうがもっと大切なんだって。

 

生きていくにはお金ってとても大事なものだけど、それよりも大切なのは「信用」だ。

なぜなら信用がなければ誰も見向きもしてくれないだろうし、たとえば銀行でもお金を貸してくれないでしょ?

 

だけど信用されあれば、いざ自分が困ったときに手を差し伸べてくれる人がいるわけで、信用がなければ友達も銀行でもお金を貸してくれないわけで・・・・。

とにかく信用があれば何だかんだでどん底から這い上がるきっかけが生まれてくるわけ。

 

まあ話はずれてしまったけど、とにかく三枚の名刺を持つことで、そこで得たことが血となり肉となり、すべてリンクして良い方向に進んでいる。

 

サラリーマンも個人事業主に

一つのことを極めるのも素晴らしい。

でも僕はどんなことでもそこそこできて、マルチで何でもこなせて行ける人がこれから活躍していく時代になるんじゃないかと勝手に思っている。

 

働き方も同じで、大企業がバタバタと倒産して終身雇用が崩壊している現在、一つの場所に収入を依存するのではなく、いざというときのために収入源は複数持っていたほうがよい。

 

これからはサラリーマンも個人事業主としてドンドン活動していくべきだよ。

政府が副業を認める方針を示したように、いずれは多くの企業がそういった方針に変えていく時代が必ずくる前に、さっさとネットで自分の活動を発信して、それをリアルにつなげていくべき。

 2017年森マサミチへのご依頼先

2017年、北海道以外でも公演を承ります。

その他、映像制作もお気軽にお問合せください。

moriblo.net