サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

室蘭イタンキ浜の砂でサンドアート。

室蘭イタンキ浜の砂でサンドアートがしたい。

以前からそう思っていたので、仕事の帰りにそのままイタンキ浜へ。

 

 

室蘭イタンキ浜の鳴り砂とは?

ここの砂は鳴り砂と呼ばれていて、歩くとキュ、キュ、と鳴くことからそういわれてます。

 

砂地を歩いたとき「キュッキュッ」と音を出す砂を鳴砂といいます。

砂の中には石英という鉱物の結晶体が沢山含まれており、細粒化した石英の粒は軽いため砂の上に集まります。

このとき粒が「きれい」で「程よく丸み」があり「揃って」いる、という条件が整った時に音を出しますが、「砂と砂が触れ合って鳴る」という考えと、「砂の中の空気が砂の振動で起こる共鳴音で鳴る」という二つの見方があるようです。

鳴砂は、長い時間のなかで誕生し、よい環境でなければ鳴らない特徴があり、極少量の油やたばこの灰などの汚れでも鳴らなくなります。

 出典元 : 室蘭市

 

サンドアートで使う砂

 

f:id:moriblog:20160410144345j:plain

イタンキ浜で砂を採取していたら、年配の方に「何をしているの?」と笑顔で声をかけられたんだ。

 

僕は「室蘭イタンキ浜の砂を使ってサンドアートをするんです」と答えたらね、「室蘭のためにも頑張ってね」と仰られた。

 

そのとき、僕はこう感じたんだ。

 

楽しみながら、やれるとこまでやろう! と。

 

 

僕はあまり目標を立てないんだけど、今年は地元室蘭市だけではなく、他の街でもサンドアートの体験講座をやりたいと考えているんだよね。

また、いろんな方とのコラボもしてみたいと思っているんだ。

 

未来のことなんて誰もわからないから、僕がどこまで行けるのかはわからない。

だけど行動しないと道は開けない。

 

少しでも「あぁ、これ面白い!」と感じたらすぐにでも行動に移さなきゃだよね。

疲れたら少し休むかもしれないけど、歩けるだけ歩いてみる。

母親に産んでもらった、丈夫な身体と足が僕にはあるのだから。

 

立ち止まっていたら前に進めない。

 

見知らぬ人の何気ない笑顔と言葉に、あらためて勇気と希望をいただいた日曜の朝。

 

f:id:moriblog:20160410144347j:plain

思わずピースwww

 

 

インフォメーション

f:id:moriblog:20160306210004j:plain

 

 

・4月5日(火)~ 4月16日(土)まで、室蘭市民活動センターで北海道室蘭市在住のサンドアーティスト、森マサミチの個展と講座が開催中。

・室蘭市民活動センター : http://www.kujiran.net/katsudo/event.html#tenji5

 

・サンドアート講座 : 4月12日(火) 10:30 ~ 11:45

 

・砂絵師・森マサミチ Facebook(基本、どなたでも友達申請承認します)

Masamichi Mori | バナーを作成

https://www.facebook.com/syuduki.morisita

・砂絵師 森マサミチ Twitter

https://twitter.com/Hokkaido_naru

・ご連絡先はこちら

*masamichimori40@gmail.com

 

砂絵師・森マサミチ公式サイト

砂絵師・森マサミチ公式サイト | サンドアート、カラーサンド、サンドパフォーマンス