読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

まるでタコ!おすすめのカメラ三脚ゴリラポッドの使い方

f:id:moriblog:20160911195302j:plain

普段室内でサンドアートムービーを撮影する際、ビデオカメラをポールに固定して撮影をしてますが、野外で撮影をするとき、例えば山の斜面や足場の悪い場所で素材となる映像を撮影する場合、通常脚がまっすぐな三脚だと不便を感じることがあります。

 

「あぁ、この樹に固定できたらいいのな~」

 

撮影中、そう思ったことがしばしば。

 

なにかいいアイテムはないものかと自宅に戻りネットで調べていたら、「ゴリラポット」と呼ばれる三脚を発見。

 

このタコ足みたいなのが本当に三脚になるのか思わず首を傾げてしまったが、レビューをみるとそれなりに評価が高かったのでポチってしまった。

 

 

 おすすめのカメラ三脚

 で、これのどこがオススメかというとこちら。

  • 自在に脚が曲がること

f:id:moriblog:20160911195303j:plain

なんだから憎めないポーズをしてるゴリラポット。

まあこんな感じで脚を自由に曲げることができるのだ。

 

ちなみに雲台は別売りのものを買いました。

理由はそのほうが安かったから。

 

f:id:moriblog:20160911195301j:plain

 

ただこれだけではこのタコ脚三脚ゴリラポットの素晴らしさがまだわかりませんよね。

なので、野外に出て実際に僕が使っている写真をお見せしましょう。

 

 ゴリラポッドの使い方

f:id:moriblog:20160911200113j:plain

ゴリラポットの使い方は、タコ脚をこのようにポールへ絡ませるだけ。

めっちゃ簡単でしょ?

 

f:id:moriblog:20160911200112j:plain

 

これで案外しっかりと固定されているから、下にズレ落ちる心配もない。

ホントにこれ、便利なんですよね。

 

CANON EOS Kiss 7にも使えるので、野外での撮影には大活躍してくれる。

ただ、一眼レフカメラでもそれなりの重量があるカメラには不向きだと思うので、「小型軽量の一眼レフに適した三脚」と考えておけばよろしいかと。

 

このゴリラポットは手軽に持ち運びもできるので、旅行に持っていくことも可能。

近々お出かけするので、その際は活躍してくれること間違いありません。

 

 

 

▼ サンドアートのご依頼、お問い合わせはこちらから

moriblo.net

▼ 森マサミチ Facebookページ

https://www.facebook.com/sandarthokkaido/

・森マサミチ Twitter

https://twitter.com/Hokkaido_naru

 

森マサミチ公式サイト

森マサミチ公式サイト | サンドアート、カラーサンド、サンドパフォーマンス

北海道で唯一のサンドアート教室

砂絵塾