サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

サンドアート福岡。7月と8月は博多でパフォーマンスだぞ!

サンドアート

撮影 : Ryo Satoh

 

7月中旬、8月上旬はサンドアートのお仕事で福岡へ行きます(7月名古屋にも行きます)。

7月福岡は3日間の滞在ですが、8月は約1週間の滞在になります。

しかも!8月はとてもお会いしたかったFB友達と、初めてお会いできるのでワクワク!

 

んで、8月はすべての仕事を終えたあと、短時間ですが福岡観光してきます。美味しい食べ物をいっぱい食べてきます。あーめっちゃ楽しみ!

 

とまあ別に人参をぶら下げているわけではありませんが、最高のパフォーマンスをご披露するために、日夜稽古に励む日々をすごしております。

 

サンドアート福岡

北海道で暮らす僕が、大好きな福岡でサンドアートのお仕事ができる!

将来を見据え、去年からコツコツと福岡の地に種をまいてきましたが、それが少しずつ芽を出してきた感触です。

 

僕が福岡のことを楽しそうに話をしていると、友人から「なぜ福岡なの?」と訊かれることがあります。

理由は簡単、もつ鍋が好きだから!

と答えたい気もしますが、一番の理由は街や人の雰囲気、異文化を快く受け入れる体制、空港へのアクセスなどなど、それらが北海道の地方都市で生まれ育った僕には、とても新鮮に感じられたからです。

 

僕は自分自身が感じたことを大切にして生きています。

僕というフィルターを通じた出てきた答えが「好き」であれば、それは本当に好きなことだから。

 

さまざま理由もあり北海道で暮らしておりますが、大好きな仕事を通じて何度も大好きな福岡へ行くことができるのは、とても幸せなことだと感じております。

 

クライアントに恥をかかせない

サンドアート

 撮影 : Yoshie Kobayashi

 

僕を信頼してご依頼をされたクライアント様。

そのクライアント様に、当日恥をかかせることは絶対にしてはいけない。

だからこそ、事前に準備する世界に一つだけのオリジナルのパフォーマンス制作にも力が入ります。

 

場合によっては急遽流れが変更になることもあり、時間も迫るなかパフォーマンスを再構築することもあります

 

だけど「とてもよかった!」とか「ありがとう!」とか「感動したよ!」などなど、演目終了後にそう言っていただけることで、これまでの努力がすべて報われ、同時にクライアントにも恥をかかせることなく終わることができたなと思えるのです。

 

これは福岡だけではなく、今後予定されているステージすべてに言えることです。

 

 

サンドアートのお仕事はたしかに楽しい仕事です。

少しだけ緊張もしますが、ステージ上でパフォーマンスをしているときが一番楽しいです。

しかしそこまでの過程、作品を制作している最中はかなり神経をとがらせています。

 

基本、制作作業に入ると毎日何時間も暗い部屋のなかで過ごしています。

暗い部屋で降りてきた構想をサンドアートテーブルの上に落とし、何度も何度も試し描きをしていきます。

 

神経を尖らせてすぎているときは眼や頭が痛くなることもありますし、吐きそうになるときもありますが、だからこそ、ゲストやクライアント様がとても喜んでくださったときは、思わず抱き着きたくなるのですよ(笑)

 

7月の福岡ステージまであと21日。

稽古を続けながらも、別のステージ作品の制作、広告関連、映像関連のお仕事などなど、いろいろと予定が詰まっていますが、これまで同様、目の前のことを一つずつ確実にやり遂げていくことで、やがて「信用・信頼」というお金では買えないものがちゃんとついてくるから頑張るんば。

 

僕を支えてくださっている、すべての方々へ。

いつも応援ありがとうございます!

 

森 マサミチ

 

 

 ▼ 公演依頼はこちらから

moriblo.net

北海道、岐阜、福岡などなど、7月以降の公演等スケジュールが決まっております。

ご依頼の方はお早目にお問い合わせをいただけると助かります。

 

▼ 森マサミチFacebook(友達申請、基本どなたでも承認してます)

https://www.facebook.com/syuduki.morisita