読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

サンドアートの上達法。初心者は「質よりも量」を意識しよう

サンドアート

最初から質を求めても、完璧を求めるあまり途中で飽きてしまうことがある。

 

たとえば子供たちにサンドアートをやらせたとき、描けない絵を描かせるより、子供たちでも描ける絵を描かせたほうが喜んでくれるし、飽きないし、何度も何度もワーワー言いながらいっぱい描くので、時間が経つにつれ上達も早くなる。これ経験談ね。

 

だから生徒さんにも一度言ったこともあるし、このブログでも書いたことがあるけど、最初は質よりも量をこなしたほうが、上達のスピードが早くなる。

 

なぜならたくさん描いていくうちの「ここではこうしたほうが、しっかりと線が描ける」とか「ここでこう手を回したほうが、きれいな円が描ける」とか、自分自身でいろんな発見をすることで自然に腕が磨かれていくからだ。

 

最初から質ばかりを追求するあまり、途中で飽きてしまうケースがある。

だとしたら、最初は質を追求せず、描きたい絵をたくさん描いたらいい。

 

描いていくうちに、いろんな発見をするはず。

そういったことを積み重ねていき、ある程度絵が描けるようになったときから、質を求めていけばいい。

 

 初心者は「質よりも量」を意識しよう

1月31日に初めてサンドアートをはじめた N さん。

彼女は時間を見つけてはサンドアートテーブルに向かい、たくさん描いて練習をしている。

 

その結果、プロの僕がみても「上達している!」と思えるサンドアートを描いている。

*写真は N さんのブログからお借りしています。

SWEET & SWEETS|Cinderella Story | シンデレラストーリー

f:id:moriblog:20170223155821j:plain

f:id:moriblog:20170223155838j:plain

 

また2/19日から通っている M さんも、自分のやりたいことを叶えるために、時間を見つけては毎日練習をしている。

彼女も努力家だから、次回の教室ではまた成長した姿をみせてくれると思う。

 

量をこなすことで、少しずつ自分がイメージした絵を描けるようになる。

これを忘れないように。

 

あとね、これからサンドアートを始めたいと思う人たちなのかな?

それともすでに始めている人たちなのかな?

そういった人たちがこのブログを読んでくれているようなので、一応アドバイスとして記事を書いてみました。

 

初心者は質よりも量、ね。

 

▼ 北海道でサンドアートを教わりたい方はこちら

www.sandarthokkaido.net