サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

自分のことを褒められるより100倍嬉しいこと

サンドアート教室札幌

▲ 札幌サンドアート教室3回目のようす

「生徒さんたちのサンドアート、とてもお上手ですね」

仕事の打ち合わせ先などで最近よく言われることがあります。

 

サンドアートという、北海道ではまだまだ未体験でそれほどメジャーではないアートを僕は札幌と室蘭で教えていますが、教えている側としてはやはり自分のことよりも生徒さんの作品を褒められることが100倍嬉しい。

 

生徒さんたちが「どう考えているのか」まではわかりませんが、他人が高評価してくれているように、彼女たちは確実に一歩ずつ腕を上げています。

f:id:moriblog:20170305213546j:plain

▲ 札幌サンドアート教室3回目のようす

絵なんて描けない。

不器用だからできるか心配。

 

最初はそう仰られていた彼女たちですが、教室の回を重ねるごとに、しっかりと進歩を遂げているのは間違いありません。

 

自分のことを褒められるより100倍嬉しい

f:id:moriblog:20170305215016j:plain

SWEET & SWEETS|Cinderella Story | シンデレラストーリー

 

3月5日(日)は札幌サンドアート教室3回目でした。

今日はNさんのお友達が体験に加わり、僕を含めて4名でワイワイとサンドアートを楽しみました。

 

毎回笑いあり、本気モードあり、のメリハリのある教室ですが、今日も楽しく終えることができました。

 

で、ブログやFacebookで教室のようすや生徒さんの作品を掲載していると、仕事の打ち合わせなどでお会いした方々から「生徒さんたちの作品、とてもお上手ですね!」と言われます。

 

僕はその人が「お世辞」で言っているのか「そうではない」のかはすぐわかるタイプですが、どうやらみなさんマジでそう言ってくれているようです。

 

自分の教えている生徒さんたちの作品が他人に褒められる。

これって、僕自身が褒められることよりも100倍嬉しいことなんです。

 

コツコツと努力していることが認められる。

彼女たちもこのままサンドアートを続けていけば1年後、2年後、には現在よりももっと成長していることは確定しています。

 

また教える側としても、毎回いろんな「気づき」があるわけで、「札幌でサンドアート教室」を開講してよかったな、と心から感じる日々です。

 

 

2017年森マサミチへのご依頼先

2017年、北海道以外でも公演を承ります。

4月札幌、5月室蘭、8月札幌・福岡公演決定。

 

その他、映像制作もお気軽にお問合せください。

moriblo.net