読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

【サンドアート講座3回目・実践編】砂でライン(線)を引いてみよう

北海道のサンドアーティスト、森マサミチです!

 

インタネットサンドアート講座3回目。

今回は砂でライン(線)を引いてみましょう。

 

今日から実践編に入りますが、「こんな風に作ってるんだ」と、参考程度に読んでいただければと思います。

 

ではさっそくいってみましょー!

 

サンドアート講座実践編 ライン(線)を引く

 

まずはこちらの動画をご覧ください。

砂でラインを引いた動画です。

 

 

いかがですか?

初めは上手く砂を落とすことができないかもしれませんが、何度も練習をしていくことで、必ずできるようになります。

 

また砂を握る量、スピード、角度によってラインの太さなども変わってくるので、いろいろ試してみるのも面白いと思います。

 

動画では3種類のライン(線)を描いてみました。

細い線、太い線、少し高い位置から落とした線。

 

これらを各ラインごとに説明したいと思います。

 

説明の前にちょっとした豆知識

 

サンドアートは「削る」か「盛る」かの、どちらかで描くシンプルな表現方法です。

今回は「盛る」方法でラインを描いていきます。

 

細いライン

f:id:moriblog:20160417221442j:plain

 

僕が普段使うのが、細いラインです。

ちょっとした線を描きたいときに、細いラインが描けるようになると表現の幅が広がります。

 

で、どうやってラインを描いているかというと、下の画像のようにガラス台から手を少しだけ離して描いてます。

 

f:id:moriblog:20160417222715j:plain

 

このように、砂を落としながら手を進行方向に動かしていくことで、一定のラインが描けるようになります。

 

ただ冒頭でも書きましたが、砂の量、スピード、角度、あとは手のシワによって、人それぞれ得意なラインが違ってきます。

 

しかし細いラインがすぐに描けないからと、落ち込むことはありません。

 

大切なのは、「自分らしいラインを描くこと」だと僕は思ってます。

 

太くても、いいんですよ。

 

 

太いライン

f:id:moriblog:20160417224003j:plain

 

ガラス台からの高さ、スピードは同じにして、砂を落とす量だけを少しだけ多めにしてみましょう。

 

高さとスピードさえあえば、こちらは比較的簡単にできると思います。

 

なので、はじめは太い線を描くほうから練習してみましょうね。

 

3cm ~ 5cm くらいの高さ

f:id:moriblog:20160417224639j:plain

 

細いライン、太いラインの高さよりも、少し高い位置(3cm ~ 5cm )から砂を落として描いてみましょう。

 

こちらも始めやすいというか、描きやすいのでチャレンジしてみてくださーい。

 

こちらを覚えると、ちょっと味のあるラインが描けちゃいますよ!

 

ゆっくり焦らず、何度も練習することが大事

f:id:moriblog:20160415222325j:plain

 

何事にもいえることですが、まずは焦らず、ゆっくりと自分のペースで進めることが大切です。

 

人によって器用な人もいれば、不器用な人も世の中にはいますよね。

しかし不器用な人でも、何度も練習すれば必ず上達していきます。

 

だからすぐに描けないからといって、諦めてほしくないなーと。

 

ほんと、描けるようになってくると本気で面白くなってくるのがサンドアート。

あなたも砂で絵を描く面白さに触れてみませんか?

 

▼ お知らせ

北海道限定のサンドアート教室はじめます!

詳細は後日発表しまーす!

 

インフォメーション

f:id:moriblog:20160306210004j:plain

・砂絵師・森マサミチ Facebook(基本、どなたでも友達申請承認します)

Masamichi Mori | バナーを作成

https://www.facebook.com/syuduki.morisita

・砂絵師 森マサミチ Twitter

https://twitter.com/Hokkaido_naru

 

・ご連絡先はこちら

moriblo.net

 

砂絵師・森マサミチ公式サイト

砂絵師・森マサミチ公式サイト | サンドアート、カラーサンド、サンドパフォーマンス