サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

【サンドアート講座5回目・実践編】簡単なスタンプを押してみよう!

北海道のサンドアーティスト、森マサミチです!

 

インターネットサンドアート講座5回目。

今回は指先や手のひらでスタンプを押してみよう! です。

 

ベース(下地)を敷いた上から、指先でポチポチ押していくだけでいろんな模様ができちゃいます。

 

ではさっそくいってみましょー!

 

 

サンドアートで使う簡単なスタンプ

まずはこちらの動画をご覧ください。

敷いた砂の上にスタンプを押していきます。

 

 

いかがですか?

割と今回は簡単にできちゃう技法です。

 

他にもやり方はいくつかありますが、まずは動画で紹介している2つの方法からはじめてみましょう。

 

ベース(下地)を敷く

f:id:moriblog:20160420090447j:plain

 

まずはベース(下地)となる砂を砂山から引っ張ってきます。

僕が生徒さんに教えるときは、「スパっ!と前腕で空気を切るようにしてみてね」とアドバイスをしています。

もうひとつは、「身体ごと砂を引っ張るよう意識してみてね」と。

 

慣れてくると手首のスナップだけでもベースを敷くことはできますが、最初は手の近いほうの腕(前腕)で引っ張ってくることを意識することです。

 

▼ 下の写真を参考にしてね!

f:id:moriblog:20160328000315j:plain

言葉でいうと「すぅ」とか「すぱっ」、みたんなニュアンス。

 

指の腹の上付近でポチポチスタンプ

f:id:moriblog:20160420090445j:plain

敷いたベースの上を指でポチポチ押してスタンプを作ります。

コツとしては指の腹の上付近を使って、軽く削るように押していくこと。

f:id:moriblog:20160420090448j:plain

写真の赤丸の部分ですね。

ここを意識して砂をポチポチ押してみましょう。

 

手のひらでスタンプ

f:id:moriblog:20160420090446j:plain

こちらも指でスタンプすると同じ要領で、手のひらの側面(チョップする場所)で軽く削るように押していきます。

 

使う部分を写真でみてみましょう。

f:id:moriblog:20160420090449j:plain

この赤丸の部分を使って、ベースの上をトントンしていきます。

 

指のスタンプで描いた花

f:id:moriblog:20160420101238j:plain

スタンプを使った一例として、お花の写真をアップしました。

慣れてくると、こういったものも描けるようになります。

 

f:id:moriblog:20160420111108j:plain

 一分間にお花を何個描けるかチャレンジしてみたら、30個描けました。

 

やり始めの頃は花さえ描けなかった。

でも練習を重ねていくうちに、描けるようになってきました。

 

できるかな?

そう心配する前に、まずはやってみることが大切。

 

最初はみんな描けません。

ですがコツコツ練習を重ねていくうちに、描けるようになるのです。

 

継続は力なり、です。

 

 

▼ お知らせ

北海道限定のサンドアート教室をはじめました!

教室のホームページは後日公開します!

 

 

インフォメーション

f:id:moriblog:20160306210004j:plain

・砂絵師・森マサミチ Facebook(基本、どなたでも友達申請承認します)

Masamichi Mori | バナーを作成

https://www.facebook.com/syuduki.morisita

・砂絵師 森マサミチ Twitter

https://twitter.com/Hokkaido_naru

 

・ご連絡先はこちら

moriblo.net

 

砂絵師・森マサミチ公式サイト

砂絵師・森マサミチ公式サイト | サンドアート、カラーサンド、サンドパフォーマンス