サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

終始笑いが止まらない? 札幌サンドアート教室第2回目終了

f:id:moriblog:20170205235257j:plain

2/19(日)の今日は、札幌琴似で開講しているサンドアート教室の日でした。

第2回目となる今回は、札幌から車で約3時間のニセコ町から来てくださった M さんが新たな仲間となりました!

 

遠くから教室に通ってくれることになったMさんは、以前からサンドアートをやってみたかったと仰られていて、先に通われている Nさんもずっとサンドアートがやりたかったと仰られていて、こうしてサンドアートを教える環境が整ったことにより、本気でやりたかった人たちが札幌に集まり、サンドアートを楽しむ時間を一緒に共有できる。

教える側としては嬉しい気持ちです。

 

終始笑いが止まらない

僕のサンドアート教室は最初の基礎練習を終えたら、「これをやりなさい!」という縛りはありません。

 

なので課題としている「うさぎとかめ」も、第2回目で描けていたらあとは生徒さんの描きたいものを描いてもらいまーす。

 

第1期のムードメーカー的存在のNさんはとても明るい方でして、また独創的センスに溢れた方でもあります。

 

みてください!

このピカソもびっくりな「うさぎとかめ」の進化形をッ!!

▼ Nさんの作品

f:id:moriblog:20170219221350j:plain

うさぎの手がぁぁぁ、となっておりますが、亀が二匹と蛇までいますね。

ただこれにはちゃんとしたストーリーがあるそうなのですが、そこはNさんのみが知るでございます(笑)

 

ここまで描けたら基礎は完了なので、あとはご自身の描きたいものを描いていただきます。

▼ 人物の目を描くNさん

f:id:moriblog:20170219174448j:plain

「目が描けるようになりたい」と以前仰られていたので、この機会にお手本を描いてみました。

 

僕が描いた見本を元に、何度も描いていますね。

こうした「直接的な指導」ができるのも、教室の良いところだと思います。

独学だとコツをつかむのにどうしても時間がかかりますからね。

さて、次の教室ではこの絵に挑戦してみますか!?

▼ チャンレンジしちゃいましょー!

f:id:moriblog:20170204010528j:plain

 

初めてなのにちゃんと描けている

新しくお仲間に加わったMさんですが、こちらも最初にしてはとてもお上手に描けています。

 

基礎的な内容を教えたあと、線を描く練習の一環として、人物の顔のラインを描く練習をしていただきました。

 

Nさん同様、僕がお手本となる絵を描き、それを真似て描いてもらいます。

砂の量、角度などなど、教室に通わないと知ることのできないことを詳しく説明して教えていきます。

▼ Mさんが描いた絵。(向かって右が見本、左がMさん)

f:id:moriblog:20170219221351j:plain

どうですか?

初めて今日サンドアートに触れた方が、練習をすることでここまで描けるようになるんです。

 

「絵は描けない」と仰られていましたが、砂を使うことでちゃんと描けるようになるんです。

▼ 線をなぞっているMさん

f:id:moriblog:20170219174449j:plain

次の教室では課題画でもある「うさぎとかめ」を集中的に教えていきます。

またご自宅でも毎日時間を取っていただき、「秘密のDVD」を観ながら予習をしていただけたらと思います。

その他にもさまざまなご質問ご相談にも乗りますね☆

 

次回は3月5日(日)11時からです。

 

 

▼ 講座、公演、その他のメッセージはこちらから!

講座依頼、公演依頼、その他メッセージはこちらからどうぞ | サンドアート・森マサミチ公式サイト

 

www.sandarthokkaido.net

 

▼森マサミチ Facebook ページ

https://www.facebook.com/syuduki.morisita

(お気軽にお友達申請してください。基本承認いたします)

▼ サンドアート北海道 Facebookページ

https://www.facebook.com/sandarthokkaido/

・森マサミチ Twitter

https://twitter.com/Hokkaido_naru

(基本、フォローお返しします)

 

森マサミチ公式サイト

森マサミチ公式サイト | サンドアート、カラーサンド、サンドパフォーマンス