サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

背中を押してくれる言葉。生きた自己啓発

f:id:moriblog:20170804183902j:plain

 

先日の株式会社トップ貿易様のサンドアートライブ。

「森さんのサンドアート、この先も絶対に大成功するから、間違いないから、頑張ってくださいね」

 

ライブを終えた後、夜のお食事会のとき、僕の隣に座られていた馬場社長が、そう言ってくれたことは前回の記事でも書いた。

 

f:id:moriblog:20170804183015j:plain

 

そのときも感謝の気持ちでいっぱいだったのだけど、次の日もライブがあったので、意識は「大成功で終わらせる!」に集中していた。ただただ「ありがたい」との思いだった。

 

ライブもすべて終わり、プライベートの時間になり、昨日、「石を置いた者は願いが叶う」とされている、福岡県糸島市の「芥屋の大門」の鳥居の上に小石を置いて(通算2回目w)、「サンドアートでちゃんとご飯が食べていけますように!」と手を合わせていたとき、ふと電話が鳴ったんだ。

 

▼ 1年半前と同じく、小石を置いたぜ。

f:id:moriblog:20170804183017j:plain

 

背中を押してくれる言葉

「ゲストの皆さまも本当に喜んでくれました。本当にありがとう。サンドアート、この先間違いなく大成功するから頑張ってね。応援してますから」と馬場社長からお礼のお電話をいただいたんだ。

 

会場を後にしたときも、ちゃんとご挨拶をしていただいたんですよ。

でもね、次の日もご丁寧なお言葉、お気遣いに、ただただ頭が下がるばかりでした。

 

人柄って、ほんと社内の雰囲気にも影響していくもの。

働いていらっしゃるスタッフの方々がとにかく明るく元気、そして丁寧。

素晴らしい方々と一緒の時間を共有させていただけて、僕自身も元気をいただいたんだ。

 

でね、これまでの展示会のなかで、一番の盛り上がりだったことは、後からスタッフの方から教えていただいていた。

 

本当に良かった。

そう素直に思った。

これは僕のなかでは当たり前のことなのだけど、依頼を受けた以上、クライアント様に恥をかかせるわけにはいかないのね。

だから、時間をかけて最高のオリジナル作品を完成させ、当日ご披露する。

 

結果がすべての世界だから、僕も心から嬉しい。

ただその嬉しさも、時間の経過とともに少しずつ薄れていくのも事実。

 

現状、まだ僕はサラリーマンとサンドアーティストの、二足の草鞋を履いている状態。

だけど8月15日以降は、サンドアートというアートだけで飯を食っていくわけだ。

 

覚悟を決めて、自分から望んで慣れ親しんだ会社を去るわけだけど、ふとした瞬間に、とても小さな不安に襲われることがある。

ほんと、不意打ちでビンタされたときのような感覚(笑)

 

何が理由なのかは自分でもわからない。

わかっていないぶん、タチが悪い。

毎月、北海道や道外でのライブ出演、単独公演。

誰がみても文句のつけようのない大きな企業とも契約したのに、不安に襲われることがある。

不安、だれでもあるよね、人間だもの。当たり前だよ。

 

実は2日間のライブが終わってから、気が抜けたのかホテルに戻ってからそんな状態が続いていたんだ。

 

そんなときに、40年以上も続く福岡博多のブランド企業を経営し、大成功を収めている方からの生きた言葉は、少しだけ弱気になっていた僕の背中を、ポンと押してくれたんだ。

 

生きた自己啓発

f:id:moriblog:20170804183903j:plain

僕は昔から自己啓発系の本を読んできたんだけど、最近こそあまり読まなくなったんだよね。

 

その理由は、馬場社長のように背中を押してくれる方、素晴らしい作品をつくる職人(作家)さん、写真を通じて僕の記憶を残してくれる写真家さん、活動を応援してくれる方、親友たちから、いつも気づかされたり、学んだり、元気をいただいたりと、生きた自己啓発ができているからなんだ。

 

話がそれるけど、自己啓発の本って、栄養ドリンクみたいなものなんだ。

読んだだけで、やる気が出てくる。

だけど、実際にその後、その本の通りに行動している人って、この世の中にどれくらいいるのだろうか?

栄養ドリンクの効果なんて一時的なものだから、効果があるうちに行動しないと意味がなくなってしまうのに。

 

だけど、僕の周りには常に栄養ドリンクを手渡してくれる人たちばかりなので、効果のあるうちにガンガン行動しているので、きちんと一つずつ結果を残せていると思う。たぶんだけど。

 

僕もいつか、「本気で何かを目指して行動している人」に、ポンと背中を押せる言葉をかけることはできるのだろうか?

そんな男に成長することができるのだろうか?

 

今は自分のことだけを見つめている時間が長いけれど、もう少し男として成長できたら、もっといろんな視野が広がるかもしれないね。

 

▼ お世話になったトップ貿易様のサイト

www.toptrading1974.co.jp

 

 

 ▼ サンドアート公演依頼はこちらから

moriblo.net

北海道、岐阜、福岡、愛知などなど、来年2月までの地方公演スケジュールが決定!

ご依頼の方はお早目にお問い合わせをいただけると助かります。

 

▼ 山下タカオへのお仕事依頼はこちらから

【福岡限定】アナウンス・ナレーションのご依頼について | サンドアート・森マサミチ公式サイト

 

▼ 森マサミチFacebook(友達申請、スパム以外、基本どなたでも承認してます)

https://www.facebook.com/syuduki.morisita