サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

塩アートでパパと子供のシルエットを制作

塩アート

 

塩を使ってなにかを制作してみたい。

以前からそう考えてはいたものの、「サンドアートのようにはいかないだろうな」と思ったらどうも気が進まなかった。

 

でも昨日から作業部屋に籠って砂ばかりを触っていたこともあり、気分転換にと「塩アート」をやってみようという気持ちになり、やってみた。

塩アートってなに?

塩アートとは、この言葉のとおり塩を使って表現をするもの。

たとえば塩を使って絵を描いたり。

塩を使って文字を書いたり。

塩を使ってアートをする、とても珍しいアート。

 

 

 

使用した塩

塩アート

 

塩にも種類があるようで、岩塩、天日塩、せんごう塩があるようですが、今回使ったのは、スーパーで買った徳島県産のせんごう塩。

小さな粒の塩であれば、基本、どこの産地の塩でも問題ないと思います。

 

描いた絵(シルエット)は、子供を持ち上げるパパ。

これはよく砂で描くものなのですが、砂では約1分くらいで描きます。

塩だと約30分!

慣れていないせいもありますが、時間がかかりすぎ!

 

 

仕事の依頼だと喜んでやりますが、それ以外ではあまり手を出すことはないかと。

ただ新しいことにチャレンジしていくことはとても面白いので、今後は気が向いたらやります(笑)

 

 

砂と塩の扱い方

砂だと基本はサラサラしているので、手からこぼれるように落ちていくこともあり、絵が描きやすい。

でも塩だと基本体温で溶けていくこともあり、思うように指先で弾くことができない。

 

海外の塩アーティストの動画をみてみると、容器に入れた塩を落として絵を描いていたので、基本はサンドアートのように指や手のひらで持って絵を描いていくものではないみたい。

 

いつになるかは未定だけど、次回はその方法で描いてみようと思う。

 

 

 ▼ サンドアート公演依頼はこちらから

moriblo.net

北海道、岐阜、福岡、愛知などなど、来年2月までの地方公演スケジュールが決定!

ご依頼の方はお早目にお問い合わせをいただけると助かります。

 

 

▼ 森マサミチFacebook(友達申請、スパム以外、基本どなたでも承認してます)

https://www.facebook.com/syuduki.morisita