サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

自分に失望したときの対策

自分に失望したとき、あなたはどういった対処法をとるだろうか?

そのまま放置する。

あるいは気分転換をする。

人それぞれにさまざまな対処法があるだろう。

 

僕も自分に失望することがある。

たとえば言動。

たった一言で人間関係が崩れてしまうことが、これまで幾度かあった。

 

そんなときはどうするか?

これは僕が自分に失望したときの対処法だ。

自分に失望したときの対策

f:id:サンドアート

  • 他のことで気分を紛らわし、失望の原因を気にしないようにする

 

反省する点だけを反省したら、あとはクヨクヨしていてもはじまらない。

あとは前を向いて歩いていくだけだ。

 

自分に失望したできごと

僕の野望というか、今年中にやりたいことはたくさんあるんだけど(地方での教室とか講座とかいろいろ)、そのなかでも強くやりたいことのなかに、札幌市でのサンドアート公演がある。

 

札幌市といえば北海道の政令指定都市で、北海道で一番人口が多い街。

新しい文化や芸術を受け入れてくれる印象が強く、北海道で生まれ育った者として、また北海道を軸にサンドアーティストとして活動している者としては、ぜひとも活動の基盤としたい街である。

 

ただ今年から本格的に活動をはじめていたため、現状は地元に愛されること、理解されることから始めたかった。

だからしばらくはそのこと(札幌での公演やりてー)を忘れることにしていたので、頭のなかからすっぽりと抜けていた。

 

いろんな方々の協力により、室蘭市の道の駅でサンドアート展を開催させていただき、多くの方にサンドアートの世界を触れていただいていますが、ようやく個展も折り返し地点にさしかかり、ふと頭の中で札幌での公演のことを思い出した。

 

どこか公演をする場所はないだろうか?

 

そう思いながら調べていたら、「赤れんがアーティスト募集」との文字を発見した。

さっそくサイトに行ってみると、それは道庁のホームページだった。

 

ワクワクしながら手順を踏むが・・・

札幌の象徴でもある赤れんがで公演ができたら、これほど幸せなことはないだろう。

とっさに頭のなかで北海道を題材にしたパフォーマンスが閃いてくる。

でも個人で活動している者でもいいのだろうか?

 

 1 応募資格
  北海道を拠点に「赤れんがアーティスト」として活動できる方(個人、グループは問いません)

 

 えー、マジでー!

個人でもいいの!

ということは、僕でもいいんだよね?

 

2 応募方法
  応募にあたっては、次の書類を提出してください。
 (1) 赤れんがアーティスト登録申込書 →(こちらからダウンロードできます pdf Exsel) 
   (2)   活動内容のわかる資料(例:写真、紹介記事など)
   注)提出いただいた書類等につきましては、赤れんがアーティスト審査のためにのみ使用し、それ以外の目的で使用したり、他に提供・開示することは一切ありません。
なお、提出いただいた書類等は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。

 

 ハイ! 審査用のPDFダウンロードします!

 

 

 3 応募期間
  平成28年5月27日(金)~平成28年6月17日(金)必着

 

 

え?

 

 

 

 

3 応募期間
平成28年5月27日(金)~平成28年6月17日(金)必着

 

 

今日は7月10日。

 

 

 

はい、終了~。

 

 

いつまでも腐っていては前に進めない。

前向きな気持ちは心の波を穏やかにしてくれる!

 

 

 

 

▼ お問い合わせ

moriblo.net