読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

他力を借りる勇気

f:id:moriblog:20170420232610j:plain

 

基本、一人作業が多いのですが、一人ではできないことは他人の力を借りて完成させる。

 

たとえば動画にナレーションを入れてもらう場合、このブログでもおなじみの山下氏に声を入れていただくことが多い。

 

fudoki.wp-x.jp

彼の声を一度は聴いたことがある人は、口を揃えていう。

「とても聞きやすくて、安定していますよね」と。

 

僕もそう思う。

彼の声は物語のナレーションにはぴったりなんですね。

 

このように、僕一人では完成できないことでも、他人の力を借りることにより完成させることができる。

 

ただこれは何も作品制作に限った話ではない。

イベントだったり教室だったりと、一人では開催できないことでもその趣旨に共感して協力してくれる人たちが集まれば、どんなことでもできると思うんだよね。

 

他力を借りる勇気

f:id:moriblog:20170413223150j:plain

たとえば「この人とコラボしてイベントを成功させたい!」と強く願うのであれば、勇気を出してコラボしたい人に声をかけてみる。

 

プロに声をかけるのであれば、ギャランティーの話を含めたものになるとは思うけど、その趣旨に共感してくれるのであれば、もしかすると「ノーギャラ」で引き受けてくれるかもしれない。

 

一人ではどうにもならないことは、他人の力を借りるべし!

 

少しニュアンスは違うけど、僕のイベントなんかも同じことがいえるよね。

主催者様のご協力があって、僕も出来る限りのアイデアと技術を出して、足りないことは主催者様のお力を借りて実現させ、当日に最高のパフォーマンスをお見せする。

 

5月9日から20日まで、室蘭活センさんで開催する「森マサミチ・サンドアート写真展」も同じことがいえる。

これも活センさんがバックアップしてくれるから、いろんなことができるんだよね。

 

またその逆もありで、僕の公演などで「他の誰かと一緒にコラボできること」があれば、音楽でも演劇でも写真でも、ジャンル問わずにコラボしていきたいと考えている。

 

一人できることなんて、たかが知れている。

だけど、人が集まればそれがやがて大きな力となり、それまで成しえなかったことも達成できるようになる。

 

なかには勘違いする奴もいて、「イベントが成功したのは自分がいたから!」などと言うアホもたまーに見かけるけど、お前の力じゃねーから!

 

あなた自身がワクワクするような、観客をワクワクさせるような楽しいイベントは、他人の力を借りて成り立っているもの、支えてくれている人がいるから成功できるんだよ、という気持ちを、僕自身を含め、イベントに出る者は忘れてはならないことだと思う。

 

 

▼ お問い合わせはこちらから

sandartist-mori.com

5月室蘭、8月札幌・福岡公演決定

 

▼ 森マサミチFacebook(友達申請、基本どなたでも承認してます)

https://www.facebook.com/syuduki.morisita