サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

僕が最初に描いた絵はウンチだった件

f:id:moriblog:20160727112445j:plain

僕が初めてサンドアートで絵を描いたのは、ウンチだった。

 

今日なにげなくスマホの写真を眺めていたら、砂で絵を描き始めたころの写真が出てきた。

なぜウンチを描いたのかは、わからない。

きっと、そのとき猛烈にウンチがしたかったのかもしれない。

 

でも、こうして過去の写真をあらためて眺めてみると、自分がどれだけ成長したのかが一目でわかる。

 

▼ 2016年7月の絵

f:id:moriblog:20160718225843j:plain

 

 

ちなみにこれ以降、僕はウンチを描いていない。

強い要望があるのなら描いてもいいが、わざわざウンチを描いているほど僕も暇ではない。

 

ただ、せっかくウンチのことをブログに書いているので、ウンチの話でもしようかと思う。

 

ウンチとは何か?

ウンチとは大便や糞(くそ)のことを指す。

人間や動物の消化管から排泄される固体状の排泄物であり、糞便(ふんべん)、大便(だいべん)、俗にうんこ、うんち、とも呼ばれる。

 

 

ウンチはなにからできているのか?

一般的に健康な人のウンチは、80%が水分。

残る20%の内訳としていうと、3分の1が食べカスで、3分の1が生きた腸内細菌、最後の3分の1が腸粘膜なんだって。

 

てっきり食べたもののカスがすべてウンチなんだって思っていたけど、実は違うんだよね。

 

出てくるまでは何時間かかるのか?

食べ物を食べたら、いったいどれくらいの時間で排泄させるのか?

調べてみると、口から肛門までは一本の消化管が形成されているので、僕たちが食べたものは消化管の約8メートルを移動し、あの細長いウンチになって出るまで約24~48時間かかるんだって。

 

 以上、ウンチの豆知識でした。