サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

仕事や学校帰りにふらりと立ち寄ってみない? わざの里山あかり展に行ってみた!

f:id:moriblog:20170816160429j:plain

 

北海道伊達市、石蔵ミュージアムで開催中の「わざの里山あかり展」に行ってきました。

最終日(27日)以外、毎日22時まで会場は開いているので、学校帰りや仕事帰りでも行けちゃいますよ。

仕事疲れや学校での疲れ、または家庭での疲れも、優しいあかりの世界に包まれたら癒されちゃうかもね!

 

わざの里山あかり展

f:id:moriblog:20170816164609j:plain

会場は伊達紋別駅から歩いて3分の距離にある、古い石蔵が目印。

この写真は開催前に撮影したものですが、現在は入口にとても目立つ看板があります。

 

f:id:moriblog:20170816164955j:plain

 

ね! 「あかり」の大きな看板があります。

この看板、夜になるとこんな感じになります。

 

 

目立ちまくりですね!

 

アートな作品がずらりと展示されている

f:id:moriblog:20170816165740j:plain

 

石蔵のなかに入ると、作家さんの作品を展示&販売しているブースが各所にあります。

手作り工房楓(かえで)さんのブースでは、かわいい創作ちりめん細工が展示&販売されてます。

f:id:moriblog:20170816162856j:plain

1月に左側のねこ、今回は右側のねこをゲットしました。

 

 

f:id:moriblog:20170816165739j:plain

クラフト工房「悠楽」さんの作品。

木の温かみを感じる作品です。

 

f:id:moriblog:20170816165737j:plain

室蘭登別たたらの会の作品。

 

f:id:moriblog:20170816165736j:plain

地蔵描き屋「時遊人」さんのブース。

こういう柔らかく優しいタッチの絵が好き!

 

f:id:moriblog:20170816165738j:plain

Glass studio Chika Chika  さんの作品。

めっちゃ綺麗なガラス工芸は必見です。

 

f:id:moriblog:20170816165735j:plain

展示会場の入り口では、ガラスのお魚さんが泳いでいるよ!

 

 

こちらはわくわく工房さんのジェルキャンドル。

作品一つ一つに温かさを感じますね!

f:id:moriblog:20170816173221j:plain

で、こちらの2点は、違う会場で僕と妻が制作したものです(笑)

f:id:moriblog:20170816162855j:plain

全部紹介しきれないのですが、この他にも魅力的な作品が展示&販売されてますよ!

 

あかりに癒される

f:id:moriblog:20170816160427j:plain

樹と葉、まるで森の小道を歩いているような幻想的な世界。

そのなかに木やガラス工芸などをはじめとした作品が、それぞれに独特なあかりを優しく放っています。

 

f:id:moriblog:20170816160434j:plain

 

f:id:moriblog:20170816160428j:plain

あ!こんなところに蛍が!

 

f:id:moriblog:20170816160429j:plain

きのこのあかり。

応援隊長、現物をぜひみてね!

 

f:id:moriblog:20170816160432j:plain

 

f:id:moriblog:20170816160433j:plain

 

f:id:moriblog:20170816160436j:plain

 

f:id:moriblog:20170816160430j:plain

 

f:id:moriblog:20170816160431j:plain

 

f:id:moriblog:20170816160426j:plain

 

f:id:moriblog:20170816160425j:plain

 

言葉で説明するより、実際にこの「あかり」の空間を体験してほしい。

伊達の方、そして室蘭や登別在住の方は、ぜひぜひ期間中に一度足を運んでほしいなと思います。

 

 わざの里山あかり展

日程 :  8月15日(火)~8月27日(日)まで。

時間 : 11時~22時まで(毎日) 最終日は17時まで。

 

ワークショップは26日・27日の2日間。

11時から。

 

会場の地図

 

 ▼ サンドアートライブの記事はこちら

www.sandarthokkaido.net