サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

【芸術を仕事に】アートで食べていけるのか?

芸術仕事

ちょうど1年前、僕は長く勤めていた会社を辞めて独立しました。理由は会社員の仕事が嫌になったからではなく、サンドアートの仕事量が多くなり、会社員の仕事と並行して活躍していくことが困難になったからです。

 

芸術を仕事にする心構え

アートで食べていけるのか?
失敗することは目に見えてわかるw
黙って会社員をやっていろ。

 

安定した収入、地位、恵まれた職場環境。
心配してくれる人、茶化す人、いろんな人にいろんなことを言われましたが、僕の気持ちは挑戦へと向いていたので、どんな言葉も感謝の気持ちで受け入れ、それらを全て飲み込み、今までと同様に、何があっても自分を信じていこうと決めて歩きはじめました。

 

一人での戦い。
これからは何があっても自分の責任。
ただ気持ちはワクワクしていました。

 

事業を加速させる

会社員の頃から起業していたこともあり、独立後はさらにその活動にレバレッジをかけることで、あれよあれよという間に名前が知られるようになり、皆さんもご存知のように、現在の森マサミチがいます。

 

人を裏切らない。
相手に誤解を生む嘘をつかない。
目の前の人を楽しませる。
仲間を大切にする。
努力する。

 

よく活動を加速させる方法を相談されることもありますが、こういった、ごくごく当たり前のことを当たり前にやってきただけです。

 

努力していると、その姿を見た人が手を貸してくれるようになります。そして新しい出会いを運んでくれて、また手を貸してくれるようになって、、、と、その繰り返しです。

 

他人に認めてほしければ、努力している姿を見せるしかありません。そして実績を積み上げ、結果を残すしかありません。努力しないオッさんは、他人から評価されないのです。

 

露出が増えると嫉妬や誤解されることもある

活動していくなかで、露出すればするほど変な嫉妬や変な誤解をされることがあります。基本去る者は追わない主義なので悲しくはありませんが、しっかりとした自分軸を持っていれば、自分を貫いていけば、些細な感情の波にいちいち流されることもありません。

 

守秘義務もあり言えないことがたくさんありますが、今後はこれまで以上に森マサミチの名前が世に出ていくことになってます。また並行して東ヨーロッパでの活動も少しずつ行っていて、仲良くしている海外アーティストからのお誘いで来月開催の、ウクライナのアートフェスティバルに映像で参加しています。

 

波に乗る。勢いに乗る。
ただ僕はいつでも平常心です。

 

僕は何も変わりません。
威張りませんし、別に自分が凄いとか偉いとか微塵も思っていません。砂のアートが大好きなオッさんです。

 

良い意味でも悪い意味でも、周りが変わっていく。
これだけは少しだけ感じるようになってきました。

 

ただどれだけ周りが変わろうとも、環境が変わろうとも、自分をしっかりと持っていれば、上手い話に惑わされることはありません。

 

僕にはやりたいことがたくさんあります。
その一つ一つを実行していくためにも、これからも目の前の人を楽しませる活動をしていきたい。

長くなりましたが、ふと去年の日記を見ていたら退職のことが書いてあったから、新鮮なありのままの気持ちを書いてみました。

 

いつも応援ありがとう。

森 マサミチ