サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

人をバカにする人への対処法

人をバカにする人への対処法は、反応しないことです。
反応すればするほど、それについて相手は攻撃をしてきます。

 

人をバカにする人ほど、他人に対し優越感を感じていたいだけなので、いっそのことその相手を見ない、反応しないのが一番です。反応しなくなれば、相手も面白くないと感じてその攻撃を止めるかもしれません。

 

ただなかには粘着体質の人、人のことをばかにする人への耐性ができていない人もいると思うので、心身ともに耐えられない場合は第三者に相談をして、味方につけて、相手を排除してもらいましょう。

 

 

人をバカにする人への対処法

人のことをバカにする人への対処法

とても残念ですが、平気で人をバカにする人はこの世の中にはたくさんいます。
なかでも悪意を持ち合わせ人のことをバカにする人はタチが悪いです。

 

バカにされたらストレスも溜まりますし、とくに自分の好きなもの、好きな人をバカにされたら誰だって腹が立ちます。


こういった輩は、「もしも自分が同じことをされたらどうなるだろうか?」という思考経路をどこかへ置き忘れてしまっているかわいそうな人たちです。


誰だって他人に見下されたりバカにされることは嫌ですよね。
ただこういった輩と遭遇した場合、どういった対処法をとればよいのかわからない人もいるでしょう。

 

暴力に出ることは簡単です。
しかしそれではあなたが悪者になってしまう。
成人であれば最悪の場合メディアに取り上げられ、家族や職場にも迷惑がかかるかもしれません。

 

そうなる前に、まずは自分のなかで対処できることから始めてみましょう。

 

人をバカにする人の心理

人をバカにする人に共通しているのが「相手に対し優越感を感じたい」という気持ちがあるからです。

 

ただ優越感に浸りたいという感情は人間誰しも持ち合わせているものです。
しかしそれをむやみやたらに振りかざしていては、その刃を受けたものは傷つきます。

 

相手の気持ちを考えずに人をバカにする人は、あなたよりも自分のほうが勝っているという、優越感を欲しているのです。


こんなバカに付き合っていては、あなたは益々疲労困憊してしまいます。
そんな相手とはさっさと距離を取りましょう。
構わない、無視するのが一番です。


相手が会社の同僚、同じクラスメイトの場合、どうしても接する距離が近いため、構わない、無視するといった行動が難しい場合があります。その場合は第三者を介して、事情を説明して、相手との距離を取ってもらいましょう。

 

いつまでもあなたの大切な時間を嫌なことで消耗する必要はありません。

 

なぜ人は他人を見下すのか?

それは先ほども説明した通り、他人と自分を比較して優越感を得たいからです。

 

こういった人をバカにする輩は「自分がいかに優れているのかを確認したがため」に、平気で人を傷つけ見下してくるのです。

また身近に対象となる人がいないと「自分が引き立たないと勘違いをしている」ので、つける薬がありません。


よく人からバカにされる人は「自分がバカな人間だから」と萎縮しているケースもありますが、そんなことはありません。あなたのことをバカにしてくる人の人格に問題があるだけなので、気にしないようにしましょう。

 

 

人のことをバカにする人への対処法

冒頭でも書きましたが、構わない、無視をするのが一番です。

そこにいないものだと思って、無視をしましょう。

こういった相手は、あなたからの反応がないと面白くないので、無反応を通せばそのうちどこかへ行ってしまうかもしれません。

 

これが同じ職場や同じクラスメイトの場合などは、第三者に介入してもらい、しっかりと対処をしてもらいましょう。

 

バカにされていることを知られると、後で報復されるのではないのか?

第三者に介入してもらっても、ほとぼりが冷めたらまたバカにされるのではないのか?そんな心配もあるでしょう。

 

しかし、このままではいつまで経っても苦しむだけ。

行動しないと何も始まりません。

 

構わない、無視をする、無反応。

粘着されるようであれば、第三者に介入してもらう。

 

人のことをバカにしてくる人は、どこへ行っても存在します。

もういっそのこと、バカにされることを恐れないという生き方もあります。

 

スルーするところはスルーする。

スルー力を身に付けることで、いまよりも少しだけ生きやすくなるかもしれません。