サンドアートライフ

北海道で活動するサンドアーティスト、森マサミチのブログです。

正しい納豆の食べ方【長生きの秘訣】

長生きするために納豆を食べているわけではなく、単純に納豆が好きだから毎日食べている森です。

昨日友人と話をしていたらなぜか納豆の話になり、友人が「納豆の正しい食べ方とかあんのかな」と訊いてきたので「知らね」と答えておきましたw

 

そもそも納豆に正しい食べ方なんてあるの?

親からは「良くかき混ぜなさい」とだけ言われて育ってきた人も多いのではないでしょうか。僕のその一人。

 

あとでテレビを観て知ったのですが、納豆には正しい食べ方があるのです。

 

【長生きの秘訣】正しい納豆の食べ方

長生きしたい。そう願う人も多いのではないでしょうか。

それと納豆がどう関係しているのか。

結論としては「夜に納豆を食べるのが良い」そうですよ。

 

そもそも僕は普段から夜に納豆を食べることが多いですね。

それは以前何かのテレビで観てから実践しているのですが、「納豆は夜食べると体に良い」と放送されていたからです。

 

納豆の成分に含まれるナットウキナーゼ。

テレビによるとこの「ナットウキナーゼ」には血栓を溶かす力があるそうで、食後から約4時間から8時間くらい経過後に「ナットウキナーゼ」が動き出すそうで、また睡眠中のほうが働きやすいとのことから、時間的に考えても「夕食に食べるのが良い」とのことです。

 

夕食の一品として納豆を追加してみるのも良いかもしれませんよ。

 

賞味期限切れた納豆も食べている

【長生きの秘訣】正しい納豆の食べ方

賞味期限が3日くらい切れている場合でも、僕は普通にその納豆を食べます。

僕が小学生くらいのころ、父親が賞味期限から1ヶ月経過した納豆を食べていたことがありました。母親は「子どもの前でやめなさい!」と怒っていましたがw、親父は普通に食べてましたね。


食品関連の研究所に勤めている知人に聞いてみると「納豆菌は非常に強力なため、他の雑菌が入ってくるのをブロック」するらしく、そのため1ヶ月経過したくらいでは問題ないとのことでした。

ただ干からびた納豆は美味しくないので、なるべく賞味期限内で食べたほうがいいよと教えてくれました。

 

最低50回はかき混ぜる

【長生きの秘訣】正しい納豆の食べ方

あなたは何回くらいかき混ぜますか?

僕は最低50回はかき混ぜています。

理由は「粘りにはポリグルタミン酸という物質があり、このポリグルタミン酸は胃壁を守ったり、老廃物の排出を促してくれるから」です。

100回くらいかき混ぜてもよいと思いますが、さすがにダルくなりますよね。

 

がっつりかき混ぜる理由のもう一つに、「がっつりかき混ぜたほうが食べやすいから」です。

 

たくさん粘々した納豆をご飯にかけた食べる。

これが上手いんだよね。

 

長生きしたいからではなく、納豆は美味しいから食べる!

よくかき混ぜ、夜に食べる!

みなさんもお試しあれ。