お仕事依頼はこちら・森マサミチ公式サイト

ウラジオストクでタクシーアプリを活用しよう!

ウラジオストク滞在中はタクシーアプリを活用してました。

ウラジオストクを観光する際、主な観光はほぼ街の中心部にあるため、徒歩でも十分に移動することが可能ですが、金角湾は徒歩では渡れないため、車かバスでの移動が必須となります。

ただバスの乗車も初めての方だと不安になるかと思います。特に料金とか停車場所とか、、、。

ウラジオストクでタクシーアプリを活用

そんなときは、アプリで決済もできて、行き先もアプリで伝えることができる、Gettを利用しましょう。

僕らはウラジオストク駅近くのホテルに泊まっていたのですが、そこから中央市場やグム百貨店、ニコライ2世凱旋門や潜水艦博物館、鷹の巣展望台、噴水通りなどなど、金角湾大橋を通過しない場所であれば、徒歩で観光することができました。

ただ人によっては疲れたから帰りはタクシーで帰りたい、バスで帰りたい、となる場合もあるかと。

またマリインスキー劇場沿岸州劇場へ行くには、バスかタクシーを利用しなければ行くことができません(金角湾大橋は徒歩禁止)

ウラジオストク移動

うーん、タクシーか、、バスよりも値段が高いでしょ?しかも行き先を伝えることができないし、、

たしかに、運転手に英語が通じない国なので、基本はガイドブックで指さして行きたい旨を伝えることが手っ取り早いかもしれませんが、行き先を間違える可能性もありますよね?

しかも、ロシアのタクシーに料金メーターはありませんので、基本、運転手の言い値で料金が決まります。

僕らも鷹の巣展望台からウラジオストク駅に戻る際、一般のタクシーを利用して500Pの料金を言われました!(アプリダウンロードしたの忘れてた)

f:id:moriblog:20181009114758j:plain

バスだってルートを把握していなければ、また小銭を用意しなければハードルが高い乗り物だと思います(慣れたら別ですが、運転手に止めてほしい場所を伝えることが必要です)

ストレスなく、運転手と話をすることなく、行きたい場所に行きたい!

そう思う方は、日本で事前にこのタクシーアプリをインストールしておきましょう!

ウラジオストクを移動する際に役立つタクシーアプリ

ウラジオストク移動方法

僕は日本で「Gett(ゲッティ)」という、ロシアではメジャーなタクシーアプリをダウンロードしてから入国しました。アメリカなどで使われている「ウーバー」と同じタクシー配車アプリです。このGettですが、ほんと素晴らしく使えるアプリです。

僕らが利用したのは、さきほどの地図でもお伝えしましたが、中心部の湾を跨いだ向こう側にある、マリインスキー劇場への往復に利用しました。

ウラジオストク移動

劇場前に止まるバスはあるのですが、待ち時間も長く、また小銭(21P)を用意しなければならないため、サクッと移動したかった僕らはバスには乗りませんでした。

Gettで利用した区間は、行きはウラジオストク駅近くのホテル、ジェムチェジュナからマリインスキー劇場まで。帰りはマリインスキー劇場からウラジオストク駅まで。

ウラジオストク移動方法

前日に鷹の巣展望台から噴水通りまでが500P。

Gettを利用した区間は、いずれも片道300P以下(チップ含め)でしたので良心的な値段だと思います。

マリインスキー沿岸州劇場

乗車時間は約10分程度。バスだと約1時間くらいはかかります。

時間を短縮できて、尚且つ比較的安く移動できて、クレカ登録しておけば現金で払うことなく、行き先を口頭で告げることなく利用できちゃうのです!

うん、素晴らしい!

Gett(ゲッティ)利用方法

あなたのスマホにグーグルマップは入ってますか?

Gettはグーグルマップと連動しているので、入ってない方は先にダウンロードしましょう。

終わった方は、Gettをダウンロードしましょう。

▼アンドロイドの方はこちら

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gettaxi.android&hl=ja

▼iphoneの方はこちら

Gett - Car Service & Rideshare

Gett – Car Service & Rideshare

  • GT Get Taxi Ltd.
  • 旅行
  • 無料

ダウンロードが終わりましたら、次は名前などの登録です。

f:id:moriblog:20181009114858j:plain

この画面のあとに、

f:id:moriblog:20181009114938j:plain

電話番号登録。

f:id:moriblog:20181009115012j:plain

メールアドレス。

f:id:moriblog:20181009115034j:plain

名前かニックネーム。

最初はここまででOK。

クレカ登録は現地についてからでも大丈夫です。

ニックネーム(名前)や携帯番号、メールアドレスや写真を登録するとこうなります。

f:id:moriblog:20181009120902p:plain

タクシーアイコンはスペースシャトルに変えました。

日本語表記はありません。英語、ロシア語、イスラエル語、の3つです。

ウラジオストクでGettは使ってみる

実際にウラジオストクでGettを使って配車オーダーしてみました。

ウラジオストク移動方法

グーグルマップと連動しているので、Gett画面のマップから現在自分がいる場所を指定。わからない場合は、宿泊しているホテル名を日本語で検索してみましょう。

僕の場合は「ジェムチュジナホテル」がそれにあたります。

次に旗印の目的地も検索で「マリインスキー沿岸州劇場」と検索してあげることで、自動で表記してくれます。

支払いはカードで。基本はVISAかマスターカードです。JCBは使えません。

  1. 現在地を入力
  2. 行き先を入力
  3. 支払い方法を選択(カードか現金か)
  4. 料金が表示される
  5. 問題なければ「ORDER NOW」をクリックする

すると、

f:id:moriblog:20181009121217p:plain

このように、自分の現在地が表示され、タクシー(スペースシャトル)を呼んでいます。

f:id:moriblog:20181009122046p:plain

お!ドミトリーさんがこちらへ向かっているようです!

到着まで約9分。距離は2.7km。

f:id:moriblog:20181009122157p:plain

車は一般車両で、TAXIとは書いてません。

なので最初は戸惑うかもしれませんが、画面上の運転手の顔写真下に、「カーモデル・トヨタのカムリ」「色は青」「ナンバーはB479OP25」と書かれてあるので、大丈夫。

運転手も同じアプリが入っているので、すぐに「僕」だとわかってくれました!

近くなってきたら、ホテルの前で待機しましょう。

マリインスキー沿岸州劇場から戻るときもGettを利用しました。

ウラジオストク移動方法

移動中、運転手さんとは一言もお喋りしてません。

降りるときに「スパシーバ」と声をかけたら返答がありました。

うん、ロシア語を勉強しなくちゃ!

f:id:moriblog:20181009122811p:plain

f:id:moriblog:20181009122826p:plain

降車後、すぐにGettから領収書がメールで送られてきます。

ちなみにTip(チップ)は0でも可能ですが、僕は感謝の意味も込めて12%にしました。

飲食店でもタクシーでも、現地の方はクレジットカード払いで対応してる方が多かったですね。

ウラジオストクでサクッと簡単に移動したい方は、Gettを選択肢に入れてみましょう!