ウラジオストクで使えるクレジットカード特集

メルカリでトラブルが発生したときの対処法

メルカリクレーム対処法

仕事でも遊びでも、普段生活しているなかでトラブルは避けられないものですよね。

ただトラブル対処法を知っているか、いないかで、その後の影響を最小限にとどめることが可能になります。

これはメルカリにも共通していることで、出品や購入をしていると、トラブルが発生することがあります。

個人間でのやり取りですので、トラブルは起こるものと想定しておき、実際に起きたときの対処法を考えておきましょう。



メルカリでトラブルが発生した具体例

では実際にメルカリでトラブルが発生した際に、どのような対処法を取ればよいのでしょうか?

メルカリでは個人と個人の取引なので、色々な問題がトラブルがあります。

これは私の知人のお話ですが、状態やサイズが説明と違うというクレームが来る、偽物だったと言われるなど、正規のものをちゃんと出品しているのにもかかわらず、いちゃもんをつけられました。

メルカリでトラブルが発生したときの対処法

このようなトラブルの時はまず落ち着いて事務局に連絡しましょう。

メルカリの良さは事務局の対応がとても親切という事です。

連絡はアプリ内でそれぞれのカテゴリーについて、問い合わせ画面を選択して、商品のIDとトラブルの内容を送れば対応してくれます。

そして、だいたい24時間以内くらいに返事と対応をしてくれます。

ですので、対応の仕方が分からないからという理由で、相手の言いなりになってしまう事だけはやめましょう!

例えば内容と違うから返品したいと言われても、その事が客観的に見てキャンセルに該当するのかどうかという事を事務局に連絡して確認してもらった方が良いのです。

相手がたんに商品を気に入らなかった場合でも、ことらの評価が少ないとなめられてしまい言いがかりのような事をされる可能性があるので注意しなければなりません。

メルカリはシステム上、相手が受け取り評価をしないとこちらに売上金が入ってきません。

それを逆手に取って強気で言ってくる購入者などもいるので、何かトラブルがあったら必ず事務局に相談して、対応してもらうようにしましょう。